まとめ

【Fallout76】C.A.M.P.、ワークショップ関係記事まとめ【随時更新】

Fallout76のC.A.M.P.やワークショップに関係する記事をまとめました。

ワークショップのメリットとデメリット【体験レポート】

Fallout76 アドバイス系記事

Fallout76のワークショップについて書いています。

前作であるFallout4とは違い、ずっと確保できない一時的な拠点という感じですね。

あとは、資源が豊富なので、それを求めて確保するのが目的のようです。

C.A.M.P.消失関連記事

Fallout76 アドバイス系記事

C.A.M.P.系の記事で、他の人とC.A.M.P.がかぶってしまって消失する不具合について書いた記事です。

2018年12月現在も消失する不具合はあります。

激戦区や人通りの多いところを避けるように、C.A.M.P.を作ると安定して運用できると思います。

12月のアップデートにより、他人のC.A.M.P.とかぶったときに、「無料で設置できます」というアナウンスが出て、自分のC.A.M.P.が消えるようになりました。

この修正により、無料で別のところへ設置することができるようになりました。

また、設置しないで再度ログインし直したら、同じ場所にC.A.M.P.が設置されるようになりました。

もし今の場所が気に入っているのであれば、「無料で設置」を使わないで、入り直しで解決できます。

3月19日追記:
アップデートにより、C.A.M.P.が被っていたら「別のワールドへ移動しますか?」という選択肢が出るようになりました。

これにより、同じ場所に残したい人はすぐに別のワールドに移動できるようになり、すごく楽になりましたね。

無料で移動の特典も残っているので、自分のワールド移動も、C.A.M.P.の移動もやりやすくなったと思います。

その場所にC.A.M.P.を設置したきっかけはなんですか?〜C.A.M.P.設置場所考察〜

Fallout76 アドバイス記事

ロケーションに被っていたり、近くなければほぼどこでも設置できるC.A.M.P.

そこに設置したきっかけはなんですか?という題目で記事を書きました。

わたしのきっかけはだいたいが「資源」になりますが、それが問題なくなってきた場合、見晴らしの良いところに設置したいなと思っています。

エネミーからC.A.M.P.(キャンプ)を守れるのか!?〜設置物の防御リソースは機能していない〜

Fallout76 アドバイス記事

C.A.M.P.の防御リソースについて、検証してみました。

Fallout4では、資源などより上回っていればエネミーからの襲撃を抑えることができましたが、今作76はそれが機能していないようです。

バグなのか仕様なのかは不明です。

ブレア山で鉱石系素材をゲットしよう!〜巨大掘削機を動かしてみた〜

Fallout76 ロケーション

ブレア山の巨大掘削機を初めて動かしたので、どういう手順で起動するのか、起動中に何が起こるのかをレポートしました。

個人ターミナル〜C.A.M.P.(キャンプ)に設置できる新しいアイテム〜

Fallout76 C.A.M.P.

C.A.M.P.置くことのできるターミナルが、ATOMIC SHOPで取得することが可能です。

このターミナルでは、デイリークエストなどを見ることができます。

C.A.M.P.の設置場所は狩場の近く〜人気の狩場をピックアップしてみた!〜

Fallout76 C.A.M.P.

C.A.M.P.(キャンプ)を設置するその人の気持ちは色々とあります。

「場所が好きだから」

「水辺だからきれいな水をいっぱい作れる!」

「人通りが多い場所だから」

「資源を抽出できるから」

などです。

その中で、わたしが1つ推したいのが「自分が1番活用しているロケーションの近くに拠点を構える」ことです。

キャップ余りの時代ですが、それでもファスト・トラベルにキャップがかかるのはもったいないと思います。

それなら、飛ぶ距離を短くして、FTにかかるキャップ数を減らそうという考えです。

近ければロード時間も短縮されて、時短にもなりますからねw

C.A.M.P.(キャンプ)の導管の使い方〜配線を配管にまとめてキレイにしよう!〜

Fallout76 C.A.M.P.(キャンプ)

導管の電源コネクターというタブの中に、「導管」というものがあります。

これの使い方がイマイチわからなかったので、記事にしてみました。

使ってみるとすごく面白いもので、中には壁を貫通するものまであるのには驚きました。

導管を使用していなくても、壁貫通は活用できるかと思われます。

おわりに

以上、C.A.M.P.とワークショップについての記事でした!

これらの記事を書いたら、都度都度更新します!

ありがとうございました!

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。