C.A.M.P.・ワークショップ

【Fallout76】エネミーからC.A.M.P.(キャンプ)を守れるのか!?〜設置物の防御リソースは機能していない〜

トミートグチ
トミートグチ
こんにちは!(๑•̀ㅁ•́๑)✧
ゲーム実況配信者のトミートグチです。
トミートグチのYouTubeチャンネルはこちらへ

C.A.M.P.を建築していると、「リソース」というものを見かけるかと思います。

その中の防御のリソースは、前作Fallout4では防衛で重要な目安だったのですが、Fallout76はどうだろうと思い検証してみました。

どうぞよろしくおねがいしますm(_ _)m

そもそもリソースとはなに?

その設置物が自動的に動くものであれば、「リソース」というものが書いています。

要するに、自動的に動いて、どのくらいのものを生み出すのかという目安ですね。

例えばジェネレーターですが、この画像のものは電力のリソースが10あるということです。

Fallout76 ジェネレーター大

逆に、そのリソースを使う側だとこのように消費数が書かれています。

Fallout76 抽出機

この数字の合計数が、先程のジェネレーターが生み出すリソースを超えてしまうと、不足ということでオーバーした分の設置物にエネルギーが行かなくなります。

Fallout76 ショットガンタレット

電力はわかりやすいのですが、このタレットなどにある「盾」のマークは一体何の目安なのでしょう?

盾マークは防御のリソース

前作4では、防御リソースが資源リソースより高ければ襲撃数が少なくなります。

76のC.A.M.P.も、定期的にエネミーが襲来するようになっています。

これは、前作4の拠点と同じ仕様です。

そして、76にも防御リソースがあります。

もしかしたら、今作76も同じ仕様では?と思い、検証してみました。

資源リソースとエネミーの襲撃数はイコールではない

Fallout76 トウモロコシ

今作76は「食料」「水」ともにリソースがとても大きいです。

通常の浄水器1台が「24/hr」。

テイトやマッドフルーツ、トウモロコシがそれぞれ「17/hr」です。

表記が4と違いますが、もし4と同じ仕様なら、このリソースの合計数がC.A.M.P.の資源リソースとなるはずです。

そしたら、軽く50は超えてしまいます。

この資源リソースが高ければ高いほどエネミーの襲撃数が増えるのなら、C.A.M.P.の範囲いっぱいに資源を置き、それを囲むように建物を建て、襲撃してくるエネミーを狩るだけのお仕事が成り立つはずです。

しかしそれができないので、資源を増やせばエネミー襲撃数が増えるということではなさそうです。

防御リソースが高くても襲撃数は減らない

Fallout76 ワトガ キャンプ

前作4は、資源リソースを超える防御リソースがあると襲撃数が減ります。

しかし、76は資源がゼロでも襲ってきます。

エネミーはジェネレーターも狙ってきますからね。

「ジェネレーターを設置」「作物を育てる」などをせず、ただC.A.M.P.を建てるだけなら、もしかしたらエネミー襲撃はなくなるかもしれません。

ですが、それだとつまらないです。

小型のジェネレーターを使い、C.A.M.P.の外やいたるところにバリケードを置けばなんとかなると思いますが、景観を損ねてしまいます。

素直に、エネミーのレベルが低いところか、あまり襲撃の来ないところを見極めてC.A.M.P.設置するほうがいいと思います。

あと、タレット系を使用の際は、スコーチビーストが出没するかを見極めてからがいいです。

ちょっと離れた場所にスコーチビーストがいても、タレット系に気づき攻撃してきます。

また、タレット自体もスコビへ攻撃してしまい、壊れたあとも建物へ攻撃を続けます。

それでわたしは何度か家を半壊させたので、シェアしておきますw

エネミーのレベルは設置場所によって変わる

Fallout76 グール

余談ですが、ワトガ周辺では、レベル50を超えているエネミーが多かったです。

スーパーミュータントやスコーチ、ガッツィやプロテクトロンなどのロボット系が多かったです。

スコーチビーストの襲来もありました。

しかし、世界の頂上周辺では、レベル20くらいのエネミーが多いですね。

引っ越しをしてまだ時間が経過していませんが、今のところウルフとモングレルなどしか見ていませんね。

世界の頂上周辺は、モーガン空港の定期的イベントのスコーチビーストが横切るので、たまに作物へ攻撃をしてきますが、すぐに去っていきます。

それがなかったら平穏な場所じゃないかなと思いますw

おわりに

以上、C.A.M.P.のリソースについてでした!

C.A.M.P.については、引き続き検証を続けていきます。

また、今後はC.A.M.P.設置できる良い場所についても書いていきます。

さいごまで読んでくださり、ありがとうございました。

それでは、みなさんもご一緒にアパラチア再建の第1歩を踏み出しましょう!

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。