C.A.M.P.・ワークショップ

【Fallout76】C.A.M.P.の設置場所は狩場の近く〜人気の狩場をピックアップしてみた!〜

トミートグチ
トミートグチ
こんにちは!(๑•̀ㅁ•́๑)✧
ゲームYouTublogerのトミートグチです。
トミートグチのYouTubeチャンネルはこちらへ

以前、C.A.M.P.について下記の記事を書きました。

それらに書いていないことを今回記事にします。

それは、C.A.M.P.(キャンプ)は狩場として1番利用しているロケーションの近くに設置したほうがよいということです。

どうぞよろしくおねがいしますm(_ _)m

なぜ狩場にしているロケーションの近くが良いのか?

Fallout76 キャンプ狩場

毎日訪れるロケーションへ行くために、高いキャップを払っていくのは正直もったいないです。

それだったら、C.A.M.P.(キャンプ)を移動して、そのロケーションの近くに設置したほうが、経済的にも時短にも良いです。

C.A.M.P.(キャンプ)の移動には最大で40キャップ使用します。

ですが、それ以上はかかりません。

しかし、ロケーションをファスト・トラベルすると、常に支払いが発生します。

とても好きな場所に設置した、以外だったらこの方法をオススメします。

それでは、2019年5月現在とこれから良い狩場になるであろうロケーションを紹介していきます。

ハーパーズ・フェリー周辺

Fallout76 キャンプ狩場

わたしが1番お気に入りの場所「ハーパーズ・フェリー」です。

ここは前まで、フリーステイツのベンダーボットのいる、ただのロケーションでした。

しかし、つい最近(2019年5月現在)、「バローズ」という地下ダンジョンが実装されました。

そこには、後に紹介する「ホワイトスプリング・リゾート」と良い勝負くらいのエネミーが湧きます。

欠点としては、そのエネミーがグールなため、核を落とされることがたまにある点です。

ハーパーズ・フェリーに近すぎると、核の炎に巻き込まれる可能性もあるので、すぐ近くはオススメしませんw

ホワイトスプリング・リゾート周辺

Fallout76 キャンプ狩場

次に、人気が絶えないロケーション「ホワイトスプリング・リゾート」です。

厳密には、ここのそのとなりのゴルフ場も含めてです。

ご存知の方はすごく多いと思いますが、ここにはグールが固定で湧きます。

防御力が低いので比較的狩りやすく、遠距離攻撃をしてこないので好まれているのでしょうか。

湧きスポットがわかりやすいという点も人気の理由でしょう。

ただ、キャンプの設置可能なロケーション近くには設置を遠慮してほしいです。

そこにエネミーが流れていき、他の人が訪れて湧いたものまで集まるのは、迷惑行為です。

ロケーションのすぐ近くではなく、少し離れた場所に置いてくださいね。

Vault94周辺

Fallout76 キャンプ狩場

ここはまだ実装されていない狩場です。

この周辺にいくつかオススメできる狩場もありますが、あえてこのVault94を紹介しました。

なぜかというと、今後実装を予定しているレイドダンジョンがあります。

その最初のダンジョンになるであろう場所は、この「Vault94」と予想されています。

なぜそんなことが言えるのかというと、公式のベセスダが公開しているロードマップの画像に載っています。

Fallout76 キャンプ

この画像の下の列に、「High Level Vault Raids」と書いてあるものがあります。

そのイラストを見ると「94」と書いています。

これはおそらくVault94を指しているのではないかと予想しています。

なので、今後人気になる可能性のあるVault94周辺も、C.A.M.P.(キャンプ)設置にはオススメですね。

近くに「改装された軍需工場」もあるので、良いと思います。

ウエストテック研究センター周辺

Fallout76 キャンプ狩場

スーパーミュータントを大量に狩りたい人にオススメなのが、この「ウエストテック研究センター」です。

ここは、スーパーミュータントが生まれたとされる場所の1つです。

わたしも前まではこの周辺にC.A.M.P.(キャンプ)を構えていました。

周辺には、ジャンクを回収できたり、酸を抽出できる資源ポイントもあるので、それらを探して設置してもいいですね。

ガラハン鉱業本社周辺

Fallout76 キャンプ狩場

積灰の山でわたしがオススメできる場所が、この「ガラハン鉱業本社」です。

ここのエネミーはランダムですが、レベルの高いものが湧きます。

また、周辺のロケーションにも比較的レベルが高いエネミーが湧くので、レベル上げに向いています。

欠点としては、マップ左に無料ポイント(※Vault76と自分のC.A.M.P.(キャンプ)へのファスト・トラベルは無料ということ)が偏ってしまいます。

要するに、マップ右にファスト・トラベルをするときに、高くつく可能性があるということです。

右側に用事はあまりない方や、まだレベルが低くて右側に行きたくない人にはオススメですねw

ワトガ周辺

Fallout76 キャンプ狩場

終盤に訪れることが多くなるのが、この「ワトガ」です。

この近くに「地割れ地点プライム」というのがあり、あるボスを倒すためによく訪れます。

そのボスや、このワトガ周辺のエネミーを相手にしていく場合にはオススメです。

欠点としては、周辺のエネミーが強いので、C.A.M.P.(キャンプ)が壊される可能性があるという点です。

わたしもこの周辺に設置したとき、エネミーに何度も壊された苦い思い出がありますねw

ロブコ研究センター

Fallout76 キャンプ狩場

クランベリー湿原北部にあるロケーション「ロブコ研究センター」です。

ここには、たまに発生するイベントクエストがあります。

そのクエストの終盤に、伝説級のエネミーが確定で湧きます。

そのエネミーを期待しつつ、ロブコ研究センター内部やその周辺のロケーションでレベル上げをしてもいいです。

おわりに

以上、C.A.M.P.(キャンプ)の設置場所のアドバイスでした。

人気な場所の近くほど、C.A.M.P.(キャンプ)被りが多く発生します。

それがイヤという方は、その場所に近いけど離れた場所に設置するとよいでしょう。

さいごまで読んでくださり、ありがとうございました。

それでは、みなさんもご一緒にアパラチア再建の第1歩を踏み出しましょう!

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。