C.A.M.P.・ワークショップ

【Fallout76】フレンドのワールド参加時C.A.M.P.は作り直し?〜壊れたら直そう拠点ライフ〜

トミートグチ
トミートグチ
こんにちは!(๑•̀ㅁ•́๑)✧
ゲームストリーマー(配信者)のトミートグチです。
トミートグチのYoutubeチャンネルはこちらへ

Fallout4からの新規要素で、拠点を作るというのがあります。

今作であるFallout76では、C.A.M.P.という機能が追加され、既存のロケーション近く以外で、ほとんどの場所でこの拠点を作ることができます。

今回シェアする内容はそのC.A.M.P.についてで、フレンドとマルチプレイをする人は特に読んでいたほうがいいと思います。

前にも同じようなバグがあり、直ったのかなと思っていたので消したのですが、やはり直っていないようなので、再度記事にします。

他の方もよく言っている不具合?なので、シェアしたいと思います。

どうぞよろしくおねがいしますm(_ _)m

フレンドのワールドに参加するとC.A.M.P.は作り直し?

C.A.M.P.内の物は消失する可能性がある

C.A.M.P.は通常、自分がログアウトしたら一緒に消え、ログインしたら元の場所に復元されます。

しかし、「フレンドのワールドに参加する」を選択すると、それがうまく機能しないようです。

2018年11月21日現在、この現象はバグかどうかは不明です。

わたし以外にも、フレンドがわたしのワールドに入ったときも作った家が無くなったと何度も言っていました。

建物は残らず、収納箱やクッキングステーションのみだと、「フレンドのワールドへ参加する」をしても残っている場合が多いですね。

幸い、建物などは設計図などで残したり、自動保存されるので、1から作らないといけないということはないです。

ですが、地形を生かした家などは、設計図を用いても困難なことが多いです。

フレンドのワールド参加時C.A.M.P.は作り直し?

これが、わたしが作った橋っぽい家なのですが、まだちゃんと建っている状態です、これでもw

しかし、

フレンドのワールド参加時C.A.M.P.は作り直し?

この画像は家が消失して、復元しようとしている場面です。

赤くなっているのは、設置できないという状態です。

設置できる状態の場合は、緑色になります。

設置できない原因としては、画像右に書いてあるように、「既存のオブジェクトと重なっています」や「空中に浮いています」とエラーが出ています。

最初の建築時は、既存のオブジェクトに重なっても設置できるのですが、復元の場合はそれができないようです。

なので、このように地形を生かした建築物は、復元が難しいと考えたほうがいいです。

この2枚の画像はタップまたはクリックすると拡大しますので、見てみてください。

また、前に作物だけ完全に消えてしまったいうバグを経験したことがあります。

βテストからの引き継ぎだったからなのか、今ではこのバグは確認が取れません。

しかしFallout76は始まったばかりでまだ安定していません。

植えられている作物は消失する可能性がある、という点を注意していただければなと思います。

予備に1個ずつ収納箱か手持ちに入れておくと良いかもしれませんね。

もちろん食べ物なので、腐ります。

腐りにくくするPERKがあれば、持ち歩くのが良いかと思います。

ログインしている間は増やすという方法もいいですね。

11月25日追記

フレンドのワールドに参加時、他プレイヤーのC.A.M.P.が近くに存在すると、消える可能性があるようです。

拠点が消えたとき、ほとんどが他プレイヤーのC.A.M.P.が近くにありました。

この辺りは何度か検証してみます。

12月17日追記

ベゼスダが修正を行ったようです!

C.A.M.P.がかぶったとしても、「無料で再設置できます」というアナウンスが出てOKを押し、再度別のサーバーに入り直すと元の位置に消えずに残るようになりました!

もし、再設置してしまうと本当に消えてしまうので、移動したくない人は「別のサーバーに移動」がいいと思います。

おわりに

フレンドのワールド参加時C.A.M.P.は作り直し?

シェアしたかったのでカンタンに記事にしました。

Fallout76は始まったばかりのオンラインゲームです。

なので、こういったバグはわたしたちの成長と一緒に解消されていくでしょう。

長い目で見守りつつ、バグに対してはわたしたち自身の運用でカバーですね。

長い時間かけて作った家が再設置できないのは悲しいことですが、作り直しするというのもこういう建築系のゲームの楽しみ方ですからね。

何度も作っては壊してを繰り返して腕をみがき、他にない面白い家を作れるようになるとわたしは思っています。

それでは、みなさんもご一緒にアパラチア再建の第1歩を踏み出しましょう!

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。