文房具

プラチナ万年筆 #3776 センチュリー忍野はとても透き通ってて美しい

こんにちは、トミートグチ(@TomyToguchi)です。

万年筆について第3弾となります。

今回紹介するのが、この前紹介した#3776センチュリーシリーズの物で、「忍野」という物です。

4本あるうちの、1番高い万年筆になります。

では、どういう万年筆なのか紹介したいと思います。

第1弾と第2弾をまだ見てないという方はこちらからご覧ください。

見た目は透明でとても美しい

忍野の由来は、公式ページからの引用ですが、

富士山の伏流水を水源とし、美しい湧水で有名な「忍野八海」になぞらえ命名。

とのことです。

水のような透明度を追究とのことですが、まさにその通りだなと思います。

ペン先は銀色に見えますが、14金です。

どうやらロジウム加工されているようです。

キャップの先端には富士山の形を模しているようですが、反射して見えないですね・・・w

左からペン本体、キャップ、ペン胴体、そしてコンバーターです。

すべて、銀か透明で統一しており、とても透き通っていてキレイです。

内部が透けて見えるので、インクも透けて見える

分解していたパーツを戻しました。

そして、インク瓶にコンバーターを取り付けたペン先を入れます。

インクの補充の仕方は、他の万年筆と同じです。

こんな感じに吸い上げたらOKですね。

インク瓶から取り出し、ティッシュなどでペン先を押し当てるようにして、付着したインクを取り除きます。

このとき、擦ったりは絶対にしないでください。

微量なゴミがペン先の心臓部分に入ったり、隙間に入ったりするとインクの出が悪くなります。

インクを取り除いたら完了です。

忍野の胴体は、このように透き通っているため、インクが丸見えです。

わたしはこの万年筆を買ったとき、黒にしようと思っていたのですが、あまりにも透き通っていたため、黒よりブルーが良くないか?と思い、ブルーにしました。

以前は#3776センチュリーシャルトルブルーが、ブルーのインクを使っていたのですが、こちらに黒のインクを使い始めました。

書き心地はとても柔らかくサラサラと書ける

写真上がシャルトルブルーで、下が忍野です。

文字の方はブルーが忍野なので、逆ですね。

お気づきのとおり、忍野は太字です。

万年筆の太さを表す表記だと、B(ブロード)になります。

使用用途は、殴り書き用です。

B(ブロード)は、柔らかめのペン先しかなく、使い勝手は他の2つと違って柔らかいです。

#3776センチュリーシャルトルブルーはEF(エキストラファイン)で、極細字です。

キャップレスデシモはF(ファイン)で、細字です。

この2つのペン先は硬めのペンです。

なので、持ち方がこの2つと違う点は気をつけないといけない点ですね。

万年筆の持ち方についてはこちらの記事に詳しく書きました。

興味のある方はご覧ください。

おわりに

この3本で、わたしの主力万年筆の紹介は終わりです。

一応赤ペン用として、kakuno(カクノ)の万年筆を使っています。

こちらも後ほど紹介記事書きますので、楽しみにしててくださいね。

わたしは使用用途によって、太さを変えて3本とも使っていますが、中には1本のみという方もいます。

その場合にオススメなのは、F(ファイン)細字かM(ミディアム)中字です。

好みが分かれるので、試し書きができるのであればやったほうがいいです。

ここまで読んでくださり、ありがとうございました。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。