文房具

パイロットの万年筆、キャップレスデシモは片手ですぐに使えて便利!

こんにちは、トミートグチ(@TomyToguchi)です。

プラチナ万年筆 #3776 センチュリーシャルトルブルーは使いやすくていい!」で紹介した、#3776センチュリーを購入して2ヶ月後に、このキャップレスデシモを購入しました。

万年筆は使いやすくてよいのですが、外で使うには不便な文房具です。

キャップは片手で開けることができませんからね。

わたしもこの問題に直面しました。

そこで、このパイロットの万年筆キャップレスデシモです。

詳しく説明したいと思います。

パイロット万年筆のキャップレスデシモは、ノック式!

最近の単色ボールペンはノック式がほとんどですよね。

むかしのボールペンはキャップ式が多かった気がしますが、それも今は全然見ません。

ですが、万年筆はペンの構造上、キャップ式がほとんどです。

それはペン先が乾かないように、キャップに乾かない仕組みが施されているからです。

その常識を覆したのが、パイロットが開発した万年筆、キャップレスシリーズです。

このキャップレスはノック式になっていて、ノックをするとペン先の部品が開く仕組みになっているようです。

写真付きで詳しく説明します。

キャップレスデシモを写真付きで説明

キャップレスデシモ

写真の左に立っている物がノックする部品で、右に立っている物がペン本体を収める胴体部分です。

キャップレスデシモ

ボコボコしている部分がペン先本体です。

その後ろについているネジみたいな物がコンバーターです。

このコンバーターがクセモノで、インクで一杯にすることができません。

これはキャップレスの構造上仕方がないそうです。

キャップレスデシモ

このようにペン先本体を胴体に差し込みます。

突起物が引っかかる部分がありますので、そこに引っかけるようにしてください。

キャップレスデシモ

このような形がキャップレスの正しい形です。

クリップがペン先部分についている面白い構造になっています。

キャップレスデシモ

ノックを押すとクリップ側からペン先が出るようになっています。

キャップレスデシモ

このようにクリップを上にして万年筆を握って書きます。

クリップが邪魔で好きではないという方もいるようですが、わたしはクリップのおかげで、ペンのちゃんとした握り方ができるので、いいと思っています。

おわりに

前に紹介した#3776センチュリーは極細を持っていますが、このキャップレスデシモは細を持っています。

理由は、キャップレスデシモの使用用途は、外でのメモに使用するためとして購入しました。

また、とっさにメモが必要になったら取り出す感じです。

片手でパッと使えて、パッと書ける。

もしかしたら、現代社会でストレスなく使用できる万年筆かもしれません。

ここまで読んでくださり、ありがとうございました。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。