戦闘ビルド

【Fallout76】不屈ビルド〜わたしの戦闘ビルドを公開(2020.4.18更新)〜

トミートグチ
トミートグチ
こんにちは!(๑•̀ㅁ•́๑)✧
ゲームYouTublogerのトミートグチです。
トミートグチのYouTubeチャンネルはこちらへ

Fallout76の戦闘ビルドは、武器S.P.E.C.I.A.L.Perkなどで変わり、完璧に同じビルドという人はあまりいません。

その個性あふれる戦闘ビルドですが、わたしはどういう組み合わせにしているのか、Fallout76の記事176つ目を記念して、紹介していきたいと思います。

2019年5月現在の情報を記載しています。

どうぞよろしくおねがいしますm(_ _)m

2019年10月21日追記

新たに不屈ジャンキービルドというものを考え出したので下記の記事で紹介しています。

あわせてご覧下さい。

【Fallout76】不屈ジャンキービルド〜わたしの戦闘ビルドを公開(2019.10.21)〜

2020年4月18日現在、血塗れ不屈ビルドをやっています。

新しいSPECIALやPERK、武器や防具も載せておきました。

現在どういう戦闘ビルドなのか?S.P.E.C.I.A.L.やPerkはどうしているか

2019年5月現在、わたしは他とは違った変わった戦闘ビルドをしています。

その名も「不屈ビルド」です。

不屈と血塗れはセットと言われているビルドですね。

不屈とは、防具のレジェンダリーの1つで、「HPが低い時Endurance以外のS.P.E.C.I.A.L.が+3」という効果をもっています。

HPが低い時とありますが、だいたい残り30%くらいで+3されます。

この効果のおかげで、通常時のS.P.E.C.I.A.L.は「S.11」「P.6」「E.3」「C.4」「I.11」「A.10」「L.11」ですが、不屈が発動中「S.25」「P.22」「E.1」「C.13」「I.25」「A.13」「L.21」になっています。

上がったからといって、Perkつけ放題とかそういうのではないです。

Perkはあくまでも通常時(自分で振り分けした)のS.P.E.C.I.A.L.数値がベースとなります。

ですが、S.P.E.C.I.A.L.の数値によって効果が強くなるPerkには恩恵があります。

例えば、STRの「Barbarian」AGIの「Evasive」などです。

Fallout76 不屈ビルド Fallout76 不屈ビルド

また、各S.P.E.C.I.A.L.自体の効果も、ちゃんと数値分発動します。

もちろんCharismaも増えるので、数値が高ければランク5のPerkも共有することができます。

HPによるSPECIAL変動なので、数値が変わると共有が外れる場合もあります・・・。

なぜこのビルドにしているのかというと、「血塗れ」も「ステルス」も「V.A.T.S.クリティカル」も使うことができるという点です。

欠点としては、HPを低くする必要があるので、集団攻撃されると厳しいです。

また、不意打ちされると悲しくなりますw

他にRADに侵されている割合によってSTRが上がるENDのPerk「Radicool」と、HPが20%以下になると自動的にスティムパックを使用するAGIのPerk「Born Survivor」も付けています。

Fallout76 不屈ビルド Fallout76 不屈ビルド

しかし、INTの「Nerd Rage!」というPERKを付ける場合、上記の「Born Survivor」は外しましょう。

ムダにスティムパックを消費します。

また、HP30%以下の場合○の確率でダメージを避ける、LCKのPerk「Serendipity」もつけています。

Fallout76 不屈ビルド

2020年4月18日現在のSPECIALとPERK

血塗れ不屈ビルドと呼ばれるほど、人気のビルドになっています。

一時期Wastelanders実装でナーフされるという噂もありましたが、追記時はなかったです。

SPECIALはS「15」、P「3」、E「9」、C「4」、I「7」、A「7」、L「11」です。

不屈やPERK、変異などが合わさるとご覧の数値になります。

ENDは不屈で上がらないので、高めに振っています。

そして、PERKはこんな感じになっています。

血塗れで人気のライフル系を使用したビルドではなく、ヘビーガンをメインとして使っているヘビーガン血塗れ不屈ビルドです。

なので、STRを多めに振ってヘビーガン用のPERKを中心に取っています。

STRにあるPERKで「Blocker」というのがありますが、不意打ち近接で一撃を防ぐために付けています。

PERはPickLockのために、3を振っています。

使用しない時は発光体対策に「Glow Sight」を付けています。

ENDはHPが上がるPERKを付けています。

また、上記で紹介している「Radicool」も付けています。

CHRはこの2つをほとんど付けていますが、長時間戦闘を続ける時「Lone Wanderer」を付けています。

INTで血塗れ不屈ビルドに関係するPERKは、上記でも紹介した「Nerd Rage!」です。

このPERKは体力が20%以下の場合、武器ダメージアップダメージ耐性アップAP回復上昇と複数の効果がある物です。

AGIはステルスやAPに関係するものが多いですが、ヘビーガンビルドではあまり使いません。

APをあまり使わないので、AGIのPERK「Dodgy」を付けています。

これはAPを消費して確率でダメージを無効にするPERKです。

APを使わないビルドであれば、入れておいていいと思います。

LCKはご覧の通りです。

武器や防具はどんなものを装備しているのか

武器はもちろん血塗れです・・・と言いたいところですが、バラバラですw

メインで使っている遠距離武器であるハンドメイドライフルですが、「ツーショット」「爆発」です。

メインの近接武器であるダブルバレルショットガンに、「血塗れ」がついています。

あとはサブに10mmサブとサブ、テスラとスナイパーライフルを持っています。

防具はもちろん「不屈」で統一していますね。

2020年4月18日現在の武器と防具の構成

現在の武器と防具の構成は、記事執筆時とかなり変わっています。

ソートの関係で英語に名前を変えているので、知らない人はぱっと見わからないです。

Unyielding(略してUn)が不屈ですが、3箇所装備しています。

あと2箇所のうち1つは、Bolstering(略してBo)が頑強で、HPが減ると物理耐性が上がるというレジェンダリーです。

もう1箇所はLife Saving(略してLi)「救命」です。

これは確率で、ダウンした際に50%の確率でスティムパックを使い自動で復活させるというレジェンダリーです。

あまり発動したことはないですが、保険みたいな役割で、あると少しだけ安心しますw

なぜ不屈は3箇所かというと、それぞれのSPECIALに上限があるのと無いのがあるようで、上げすぎてもあまり効果がないと感じたからです。

上の画像くらいSPECIALあれば、ワンパンでダウン取られる以外特に支障出ないです。

「STRの総重量」「AGIのAP総量」は、上げれば上げるほど効果が実感できますが、それ以外はあまり上がった気がしないです。

防具の組み合わせは、「不屈4、他1」「不屈3、他2」が無難でしょう。

「他」の部分に各々好きなレジェンダリー防具を装備するといいです。

武器はヘビーガンビルドになっているので、50口径マシンガンガトリングガンを使用しています。

どちらも血塗れです。

そして遊び程度にクアッド爆発ハープーンガンを使用しています。

おわりに

以上、2019年5月現在(追記:2020年4月現在)のわたしの戦闘ビルドを紹介しました。

76記事目のときも、今後の戦闘ビルドはどうするか考察していますが、それからかなり変わっています。

100日も経てば色々変わりますねw

次の100日後はどうなっているのか、自分でも楽しみですねw

人それぞれ違ったビルドがあり、個性の出るFallout76は面白いです。

あなたのビルドはなんですか?

さいごまで読んでくださり、ありがとうございました。

わたくしトミートグチは、毎日夜22時以降にYouTubeにて配信を行っております。

Fallout76:WLトミートグチのアパラチアぶらぶら旅は、ボス戦を予定している時は参加型となっております。

興味のある方はぜひいらしてください。

それでは、みなさんもご一緒にアパラチア再建の第1歩を踏み出しましょう!

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。