C.A.M.P.・ワークショップ

【Fallout76】スプルース・ノブ〜緑の目立つ建物があるワークショップ〜

Fallout76 スプルース・ノブ
トミートグチ
トミートグチ
こんにちは!(๑•̀ㅁ•́๑)✧
ゲームYouTublogerのトミートグチです。
トミートグチのYouTubeチャンネルはこちらへ

アパラチアの地図には色々と絵が描かれていますが、その中で南の方に緑色の大きな塔のような建物があります。

今回はその大きな建物、「スプルース・ノブ」を探索してきました!

紹介していきますので、どうぞよろしくおねがいしますm(_ _)m

スプルース・ノブはどこにある?

Fallout76 スプルース・ノブ

荒れた境域の南側にこのロケーションはあります。

周辺の有名なロケーションは、

  • 北東に「ハンターズビル」
  • 北西に「ホワイトスプリング・リゾート」
  • 南東に「ラッキー・ホール鉱山」

があります。

そして、このスプルース・ノブの周辺には、同じ名前の付いたロケーションがいくつもあります。

下記記事にそれぞれまとめてあります。

それでは、スプルース・ノブを詳しく紹介していきます。

スプルース・ノブはどんなところ?

Fallout76 スプルース・ノブ

冒頭でも書きましたが、緑色の大きな建物です。

そしてワークショップです。

ワークショップとして確保すると資源を抽出することができます。

このワークショップは、金3箇所銅1箇所酸1箇所抽出機を置くことができます。

緑色の建物に、B.O.S.の旗が立っています。

元々この施設は、B.O.S.の拠点の1つとして機能をしていたのでしょう。

現在ではB.O.S.の影はないです。

大きな建物を探索する前に周辺から見ていきます。

まず、近くのモノレール駅です。

駅内には、停まったモノレールがあります。

その中に、いくつも物資が残されています。

特に兵士さんの遺体の近くには、弾薬箱ダッフルバッグ軍関係の物資があったりします。

Fallout76 スプルース・ノブ Fallout76 スプルース・ノブ

耐衝撃ファイバーを集めるにはよいです。

モノレール駅から出て、次は緑色の大きな建物の周辺をぶらぶらしてみてました。

展望台だったようで、ゴミ箱が多めにあります。

Fallout76 スプルース・ノブ Fallout76 スプルース・ノブ Fallout76 スプルース・ノブ

兵士さんの遺体がこちらにもあります。

Fallout76 スプルース・ノブ

展望台らしき緑色の建物の上は、元展望スペースだったようで、円形の部屋になっています。

そこに、作戦本部を作っていたようで、真ん中にテーブルをくっつけて置かれています。

Fallout76 スプルース・ノブ

物資が豊富です。

その周囲にもジャンクなどの物資が豊富に置かれています。

Fallout76 スプルース・ノブ Fallout76 スプルース・ノブ

ランチボックス細工師の作業台もありますね。

エネミーはいろいろと湧きます。

わたしが訪れた時は、スコーチプロテクトロンなどのロボット系が湧きました。

おわりに

以上、スプルース・ノブの紹介でした!

実はこのロケーションの周辺、2020年1月現在での次期大型アップデート「Wastelanders」で伐採などがあり様変わりするそうです。

もしかすると、このワークショップの姿も変わるかもしれないので、アップデート前の姿を残そうと思い探索しにきました。

変更があったら、ブログ記事も改めて1記事追加していきますので、お楽しみに!

さいごまで読んでくださり、ありがとうございました。

それでは、みなさんもご一緒にアパラチア再建の第1歩を踏み出しましょう!

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。