C.A.M.P.・ワークショップ

【Fallout76】わたしのC.A.M.P.(キャンプ)を紹介します!〜Welcome to the Tomy Toguchi’s bar〜

トミートグチ
トミートグチ
こんにちは!(๑•̀ㅁ•́๑)✧
ゲームYouTublogerのトミートグチです。
トミートグチのYouTubeチャンネルはこちらへ

誰でも作ることのできるC.A.M.P.(キャンプ)。

みなさんはどんなものを作っていますか?

聞く前に、自分から紹介するのが礼儀というものなので、2019年3月現在のわたしのキャンプを紹介したいと思います!

どうぞよろしくおねがいしますm(_ _)m

モンスターハンターシリーズの集会場を意識

わたしはFallout76を始めたばかりの頃、キャンプは資源を集めるために設置するものと認識していました。

Fallout76 C.A.M.P.(キャンプ)

このように、浄水器も畑も作業台もすべてキャンプの中に入れていました。

4も、資源を集めるためにたくさんの浄水器や畑を設置しましたからね。

その流れでそう思ったのだと思います。

しかし、76を数日やっていると、他のプレイヤーがわたしのキャンプを訪れて、外に出していた「コンテナ」や「作業台」類を使って去っていくのを何度か目撃することがありました。

それで考えを改め、「開放的」なキャンプを建てるようになりました。

わたしのキャンプのコンセプトは、「モンスターハンターシリーズの集会場」です。

仲間全員がわたしのキャンプで集い、そして冒険に行く。

モンハンの集会場は酒場ですが、おしゃれ感を出したかったのでBARにしました

オープンテラスのある開放的なBAR

Fallout76 C.A.M.P.(キャンプ)

BARのような集会場をコンセプトに作ったので、みんなで集まるところはこんな感じに丸テーブルをいくつか並べ、イスを2脚ずつ配置してみました。

大きいテーブル1つにイスを配置すると、一気に酒場感が増すと思い、この配置になっていますw

わたしのキャンプには、1つもドアを設置していません。

すべての部屋に入ることができます。

なので、このBARへもすぐに入ることができます。

また、オープンテラスなので、そこから飛び降りて外へ出ることも可能ですw

Fallout76 C.A.M.P.(キャンプ)

2階はこのように作業場となっています。

すべての作業台を1つずつ配置されているので、作製や修理をすることができます。

真ん中の柵で囲まれたところから、BARを眺めることができます。

Fallout76 C.A.M.P.(キャンプ)

3階はわたしの居住スペースです。

屋上に大型テントを設置したカンタンなものとなっていますw

もちろんドアはないので、わたしのベッドを借りることも可能ですw

結構高いので、パワーアーマーなしで落ちると即死してしまうので注意ですねw

Fallout76 C.A.M.P.(キャンプ)

さいごに、正面玄関です。

このようにドアなしでオープンです。

今まで作ったわたしのキャンプの正面玄関の中で、1番おしゃれな気がしますw

最近買ったばかりのウェルカムボードがとてもまぶしいですw

おわりに

以上、わたしのキャンプの紹介でした!

ここでは紹介していませんが、地下に畑と浄水器、抽出装置を配置しています。

さすがにそれらにはカギをかけているので、チームを組まない限り取ることはできないです。

その辺りは自分のキャンプで作ってくださいねw

さいごまで読んでくださり、ありがとうございました。

それでは、みなさんもご一緒にアパラチア再建の第1歩を踏み出しましょう!

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。