Perk

【Fallout76】スティムパックなどをかき集める薬品マラソン〜回復薬集めと金策〜

トミートグチ
トミートグチ
こんにちは!(๑•̀ㅁ•́๑)✧
ゲームストリーマー(配信者)のトミートグチです。
トミートグチのYoutubeチャンネルはこちらへ

序盤でも中盤以降でも、必要になってくるのが「スティムパック」です。

慣れていない人は特に、序盤はHPの回復を頻繁に使います。

チームプレイをしていると、通常復活させるためにスティムパックが必要になってきます。

わたしが「薬品マラソン」とよんでいるこの方法は、手間はかかりますが、スティムパックをいっぱい持ち歩いて安心したいという方にオススメです。

また、金策したいという方にも向いている方法です。

それでは、どうぞよろしくおねがいしますm(_ _)m

スティムパック集めの必要条件

Fallout76 スティムパック

必須PerkはLuckの「Pharma Farma」です。

できればランク3は欲しいです。

1でもいいという意見もありますが、他のLuckにある同系のPerk「Can Do!」をランク1でつけていますが、全然違います。

必要Perkは「Pharma Farma」のランク3のみで、あとは自由にどうぞです。

場所は特にしばりはないですが、ロケーション間の距離が短ければ短いほど楽です。

あと、薬箱などを大量に置いてある場所を把握しておくことです。

これらが揃えば問題ありません。

ポイント・プレザントのレスポンダーの拠点(教会)とマリーゴールド・パビリオンを往復。

わたしはこの2つのロケーションを往復して、スティムパックを集めています。

なぜかというと、この往復をする際、エネミーがいると効率が落ちます。

もしいたとしても、レベルが低ければ問題ありません。

なので、Vault76付近が都合が良いとわたしは判断しました。

Vault76付近で、良いところはあるかと掲示板などを調べていたら、良い場所を書いていた方がいたので、早速試してみたという感じです。

モスマンの卵は鳥肌が立つので視界に入れないように避けつつ、目的地に向かうといった感じですねw

思い出すだけでも鳥肌が立つので、ヤバイですアレw

スティムパック以外の薬品は上限を決めて、オーバーしたら売っちゃおう!

Fallout ベンダー

「Pharma Farma」の効果は「応急処置薬品が手に入る」なので、スティムパック以外の薬品も集まってしまいます。

わたしが見た薬品は、「RAD-X」「RADアウェイ」「スティムパック」「スーパースティムパック」「ディジーズ・キュア」「抗生物質」です。

抽選候補に希釈類も含まれています。

他にもあるかもしれませんが、応急処置をする薬品類が手に入るものだと思います。

インベントリーを圧迫するので、スティムパック以外は上限を決めて、売っちゃってもいいかもしれませんね。

金策にもなるので、一石二鳥です。

この方法のデメリット!

Fallout76 スティムパック

単純作業すぎて、眠くなることですw

ひたすらマラソンですので、正直つまらないです。

同じことの繰り返しになるので、もしやるなら1人のときに黙々とですね。

あとは、スティムパックが枯渇してしまって、すぐに調達したいときだけです。

通常、そんな急に減ることはないですからね。

また、建物内ではこの方法が使えません。

おそらくこのマラソン、今後のアップデートでできなくなる可能性もあります。

その際は、改めて追記で報告したいと思います。

1月27日追記:

予想通り、同じ場所で何度も抽選できるのはバグだったようです。

改めて試してみましたができなくなっていました。

でも、Pharma Farmaの効果自体は強力なものなので、いろんなところを探索しながら薬箱で使ったらいいと思います。

おわりに

先日スコーチビーストクイーンと戦い、敗れました。

処理落ちがすごいんですよね、スコビクイン戦。

スコビクイン戦とスティムパック、どこに関係があるのかというと、わたしが今回枯渇した原因です。

生放送のアーカイブを確認すると、エネミーの処理が追いついていないのが原因で、被弾が多かったです。

PS4の性能のせいか、サーバーに負荷がかかっているのか、処理落ちがひどかったです。

しばらくはスコビクイン戦は避けようと思います。

という感じに、スティムパックを集めることも大事ですが、なぜ枯渇するほど使ったのかという原因を探ることも大事です。

エネミーの処理が追いつかないのなら、火力不足やエネミーのレベルを確認する。

火力不足なら武器のレジェンド掘りを、エネミーのレベルが自分より高いのならもうちょい低いところで狩るなど、それぞれに対応していくと良いでしょう。

それでは、みなさんもご一緒にアパラチア再建の第1歩を踏み出しましょう!

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。