Perk

【Fallout76】序盤で役に立った”非戦闘用”PERK一覧【Strength編】

ゲームストリーマーのトミートグチが序盤に役に立った「Strength」のPERK一覧です。

この記事の親は「【Fallout76】序盤で役に立ったPERK一覧」になります。

StrengthのPERK一覧

BANDOLIER:弾道武器用の弾薬の重量が軽くなる

Fallout76 PERK一覧 Strength

STRONG BACK:所持重量が増加する

Fallout76 PERK一覧 Strength

TRAVELING PHARMACY:スティムパックを含む薬物の重量が軽くなる

Fallout76 PERK一覧 Strength

StrengthのPERKで、なぜこれらを取ったのか。

わたしは武器で主にピストル系を使うので、弾数を多く使います。

そのため、弾道武器用の弾薬重量で重くなることが多々あったので、「BANDOLIER」というPERKにはとても助かっています。

また、他の重量が軽くなる系も、多めに持つ物を中心に取っていくといいですね。

なぜかというと、アーマーの重量を軽くするPERK「STURDY FRAME」というのがありますが、その効果は最大で50%軽減です。

効果は高いのですが、アーマーってそんなに持ち歩かないはずです。

装備できる所は、頭と胴体、左腕と右腕、左脚と右脚の計6箇所です。

6つのみの所持だと、効果は薄いですね。

また、パワーアーマーには効果ありませんので、付けても意味ないです。

スティムパックや他薬品などは持ち歩くことが多いので、「TRAVELING PHARMACY」は欲しいです。

逆に言うと、「BANDOLIER」「TRAVELING PHARMACY」は、弾薬や薬品をあまり持ち歩かない場合は、そこまで優先度の高いPERKではないです。

素直に所持重量を増やす、「STRONG BACK」のレベルを上げたほうがいいです。

重量を軽くする系は他にも、爆発物やジャンクもこのStrengthにあります。

わたしがこの2つをオススメしていない理由は、それぞれに1つずつあります。

爆発物、拾ったら持っていますが、エネミーがいるとすぐに投げてしまいますw

なので、あまり多く持ち歩かないです。

ジャンクについては、他プレイヤーに奪われるから大量には持ち歩かないという理由ですね。

一応レベル1は取っていますが、常時つけているのではなく、ジャンクが溜まってきた場合に使用しています。

切り替えができますしねw

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。