PERK

【Fallout76】レジェンダリーPERK〜使用感と現在の構成(2021.9.19更新)〜

トミートグチ
トミートグチ
はいさい!(๑•̀ㅁ•́๑)✧
ゲームYouTublogerのトミートグチです。
トミートグチのYouTubeチャンネルはこちらへ
トミートグチのTwitchチャンネルはこちら

レジェンダリーPERKってどんなものがあるのか。

SPECIALのレジェンダリーPERKのCharismaについての注意点。

わたしのレジェンダリーPERKを使用した感想と構成を書いている。

2021年9月19日現在の情報となる。

レジェンダリーPERK一覧

全部で26種類ある。

使ったことのあるものに関しては「使用した感想」も書いてみた。

SPECIALのレジェンダリーPERK

SPECIALのポイントを、最大5アップさせるレジェンダリーPERK。

アップさせたポイントは、PERKカード装備ポイントとして使うことができる。

PERKカード装備ポイントの上限は15ポイントで、それ以上は反映されない。

だが、それぞれのSPECIALの効果は発動する。

例えば、STRが元々15で、更に5上げた場合に総重量がその分アップといった感じだ。

ただし、Charismaの効果の1つである共有のポイントには含まれない

CHRに振ってランク3のPERKカードを共有しようと思ったが、反映されなかった。

最大ランクまで上げるのにたくさんのPERKコインが必要になる。

同じミスをしてほしくないので、注意喚起記事も書いた。

Master Infiltrator

これは、ランクを上げていくと1、2、3とターミナルと鍵を自動で解除できるようになるレジェンダリーPERK。

サイロ攻略を毎日やる方にとってはランク4あったらすごく楽。

サイロ攻略しなくても、ランク1さえあれば「ロックピックとハッキングのスキル+3」されるという点がすごく強力だ。

上の画像は、ロックピックとハッキングの通常PERKは一切付けていない。

Master Infiltratorのみ

わたしのような、毎日核を打ち上げるためにサイロに潜っている人にとっては、神レジェPERKだと思っている。

Survival Shortcut

Survival Shortcutは、数十分毎にサバイバル用医薬品を○個生成するレジェンダリーPERK。

ランクによって生成時間生成数最大生成数が変わる。

生成されるアイテムはサバイバルシリンジという、見た目がサイコな薬品に見える。

食料、飲料がほぼマックスまで回復し、HPや病気まで回復してしまう優れものだ。

飲食料を持ち歩きたくないという方にとって、このレジェンダリーPERKはオススメ。

だいたい30分くらいしたら、ある程度飲食料のゲージが減っているので、タイミング的にはいいと思う。

ちなみに、薬品中毒などにはならない。

Ammo Factory

最大で通常の2.5倍の弾薬を作ることができるようになるレジェPERKだ。

同じ素材で2.5倍の弾薬ができるので、単純に倒せるクリーチャーも2倍くらいになると思い、使っている。

Brawling Chemist

レジェPERKが実装された当時、近接ビルドをやっていたので使ったことがある。

スーパー薬物 MKⅠというサイコな名前でサイコな見た目のAIDが生成される。

サバイバルシリンジと同様、中毒にはならない。

効果は、5分間近接ダメージが30%、ダメージ耐性が25、STRが2増加する。

だが、生成時間が最短でも40分と長く、しかも最大で2個しか1度に生成されない。

ENDのPERK「Chem Fiend」の効果は出るのか、他の薬物バフは打ち消さないのか、調査中である。

Funky Duds

アーマーまたはPAの部位を、同じシリーズで揃えることで発動するレジェPERK。

森林と市街は違うシリーズのようで、名前を一致させないといけないようだ。

PERKの効果は、毒に対する耐性が上がる。

Sizzling Style

Funky Dudsの炎ダメージ耐性版。

こちらも先程と同様、アーマーとPAの部位をシリーズで揃えないといけない。

Blood Sacrifice!

チームプレイ専用。

自身には効果はないようだ。

Collateral Damage

低確率だが、近接攻撃で倒した敵が爆発する。

近くに別の敵がいたら爆発に巻き込まれるが、近づいてくる敵があまりいないのであまり恩恵がなさそうだ。

Electric Absorption

PA専用のレジェPERK。

PAを使っていないので検証していないが、確率が低いのでオマケ程度にしか思えない・・・。

Exploding Palm

Collateral Damageと似たような効果だが、こちらは素手武器で攻撃していたら発動するタイプのもの。

倒すことが条件ではないので、ボス系にも使える。

使っている人を見たことあるが、派手だ。

Detonation Contagion

Collateral Damageの爆発物版。

敵が爆弾化して誘爆するというイメージなのだろうか。

Far-Flung Fireworks

Collateral Damageの遠距離武器版。

確率がかなり絞られているので、手数の多い遠距離武器の方が発動確率は高かったようだ。

Follow Through

「ステルスアタックで」という所がキーワードで、ボス系クリーチャー相手にもステルスアタックを入れることができたら、10秒間ダメージが上がる。

ただ、使ってみて思ったことだが、通常のクリーチャー相手には効果は薄い。

Hack and Slash

VATSでの近接攻撃をすると、確率で周囲にダメージを与える。

確率は結構高めのようだ。

近接攻撃をする敵に囲まれたりしたら活躍しそうなレジェPERKだ。

Power Armor Reboot

レジェンダリーの「救命」のPA版。

救命より10%少ない。

レジェンダリーPAには「救命」が付かないので、このPERKを付けたら救命と他レジェンダリーのダブル効果を得たという気分になりそうだ。

Retribution

防御をすると、ちょっとした回復を得られるようになるレジェPERK。

PTSでは強いという噂があったが、調整されてすごく残念なものになってしまったようだ。

Power Sprinter

PA専用レジェPERK。

ダッシュ時に消費するAPが減る。

ということは、ダッシュによるフュージョン・コアの消費も少なくすることができる。

Taking One For The Team

このレジェPERKが活躍するのは、主にボス戦だと思われる。

対象の敵に攻撃されないと発動されないので、防御が固い人やPAの人向け。

一発で沈んでしまうHPの人などは不向き。

What Rads?

これを付けて、更に放射能耐性を上げたら、ブラストゾーンをPAや防護スーツなしでお散歩ができる。

RADも回復する。

ENDのPERK「Ghoulish」と組み合わせると、HPも一緒に回復するようになる。

現在のPERK構成

現在入れているレジェンダリーPERKはこんな感じだ。

2つ通常のレジェンダリーPERKを入れています。

そして残り4つは、SPECIALのPERKを入れています。

おわりに

さいごまで読んでくださり、ありがとうございました。

2021年からぶらぶら旅はPC版でお送りしている。

Fallout76トミートグチのアパラチアぶらぶら旅は、わたしが好きなようにアパラチアをぶらぶら放浪する姿を配信している生放送だ。

アパラチア生活を日々たれ流し放送しているので、参考になる部分もあるかと思う。

毎日夜22時〜24時頃に配信しているので、興味のある方はぜひ見に来てほしい。

それでは、みなさんもご一緒にアパラチア再建の第1歩を踏み出そう!

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。