アップデート関連

【Fallout76】サバイバルモードをプレイしない理由と実装されて良かった点〜プレイしなくても恩恵を感じてるアドベンチャー組の評価〜

トミートグチ
トミートグチ
こんにちは!(๑•̀ㅁ•́๑)✧
ゲームYouTublogerのトミートグチです。
トミートグチのYouTubeチャンネルはこちらへ

先日のアップデートにより、サバイバルモードが追加されました。

サバイバルモードはどういったものなのかは、公式などでアナウンスされているので、わかると思います。

しかし、わたしはサバイバルモードをプレイしていません。

その理由を書いてみたいと思います。

また、プレイしていないのに恩恵を感じているので、その辺りも書いていこうと思います。

どうぞよろしくおねがいしますm(_ _)m

サバイバルモードはFalloutであってFalloutでない

Fallout76 サバイバルモード

これが1番の理由です。

Fallout3からのシリーズの醍醐味は、「自由に探索できる」だと思います。

4も76のアドベンチャーモードもそれは変わりません。

しかし、76のサバイバルモードはどうでしょう。

PvPが常にONの状態です。

ということは、背後から狙撃される可能性だってあります。

そうなると、探索はできるものの、「自由に探索できる」とは言い切れません。

なぜかというと、ゆっくり自分のペースで探索ができないからです。

これがわたしの思うFalloutであってFalloutでないと思う理由です。

サバイバルモードとアドベンチャーモードで分かれてよかったこと。

Fallout76 サバイバルモード

わたしが今回のサバイバルモード実装で良かったと思ったことが2つあります。

1つ目が、PvP好きと嫌いが二分化されたということです。

今までのんびり探索をしていたとき、突然後ろから攻撃されたことがしばしばありました。

攻撃を無視して探索しても粘着されて、ロケーションを移動してもついてこられたりしました。

ワールド移動したらようやく逃げ切れたという感じですね。

それが、完全に無くなるとは思いませんが、今までより明らかに減るでしょう。

2つ目が、平和主義者モードで完全にダメージをカットできるようになったことです。

まだサバイバルモードとアドベンチャーモードが分かれていなかったときは、平和主義者モードにしてもプレイヤーに多少のダメージが入るようになっていました。

しかし、今回のアップデートにより平和主義者モードにしていると、完全にプレイヤーにダメージを与えることができなくなりました。

ですが、1つ懸念がありました。

その辺りをフレンドに協力してもらい、どういう挙動をするのか試してみました。

ダメージが完全に入らなくなったとアナウンスがあったとき、わたしは2つ想定していました。

  1. 他プレイヤーが建物などのオブジェクト判定になって、自分の攻撃が消失する。
  2. 攻撃は当たるが、ダメージが全く入らなくなった。

この2つです。

Fallout76 サバイバルモード Fallout76 サバイバルモード

この場面はテスラライフルでフレンドに攻撃して、他のエネミーに電撃が飛んでいくかテストした画像です。

上の画像を見てわかると思いますが、攻撃がヒットしたときに出るバツのマークが出ていますね。

これが出て、左上に平和主義者モードという表記が出ているということは、相手プレイヤーに攻撃は当たっているということになります。

そして、ダメージは入っていないようです。

他プレイヤーの立ち位置によって、エネミーに攻撃ができない状況があると思います。

そのときに、テスラライフルで攻撃し、死角のエネミーにもダメージを入れれるので、ワンパンしたことになります。

これができなくなると、少し立ち回りを変える必要が出てくるので、変更なくてよかったです。

おわりに

以上、わたしがサバイバルモードをやらない理由と実装されて良かった点でした!

PvPが好きな人、嫌いな人それぞれいます。

それらを分けることで、争いが少なくなります。

タバコの分煙と同じ考えです。

総評として、今回のサバイバルモード実装は良かったです!

さいごまで読んでくださり、ありがとうございました。

それでは、みなさんもご一緒にアパラチア再建の第1歩を踏み出しましょう!

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。