アップデート関連

【Fallout76】1月29日パッチノートで気になるところを抜粋考察〜ツーショット爆発以外にPerkが弱体化など〜

トミートグチ
トミートグチ
こんにちは!(๑•̀ㅁ•́๑)✧
ゲームストリーマー(配信者)のトミートグチです。
トミートグチのYouTubeチャンネルはこちらへ

とうとうこの日がやってきました。

ツーショットと爆発のレジェンダリ弱体化!

これらに関しては、何回か説明したので割愛しますが、他にも多数の修正がきました。

それらのうち、気になったものをピックアップしてみました。

どうぞよろしくおねがいしますm(_ _)m

一部Perkの弱体化

Fallout76 アスレチック

Perk:その他の武器Perkと合わせるため、「Demolition Expert」の各ランクで発生するダメージボーナスを+20%/40%/60%/80%/100%から+20%/30%/40%/50%/60%に減少させました。

Perk:「Power Patcher」と合わせるため、「White Knight」と「Licensed Plumber」の各ランクで発生する耐久力の減少ボーナスを30%/60%/90%から20%/40%/60%に減少させ、修理材料の消費ボーナスも減少させました。

→ 開発者コメント:「Demolition Expert」、「White Knight」、「Licensed Plumber」については、現在の役割において効果が高すぎると判断しました。これらを同種のPerkと同程度の効果にそろえることで、プレイの選択肢が狭まることを避ける意図があります。

「Demolition Expert」の弱体化は予想していましたが、一緒に来るとは思っていませんでしたw

また、「White Knight」と「Licensed Plumber」の弱体化も妥当かなと思います。

「Licensed Plumber」は、メイン武器であるパイプボルトアクションピストルでよく使っていたのでw

修理時の材料が1つずつって強すぎだなーと。

でもこれらの修正は、ただ修理材料が増えたり、爆発物の火力低下くらいなので、特に影響はなさそうです。

今後ドロップしないよう暫定的に変更

Fallout76 スクショ

武器:火炎放射器、クライオレーター、プラズマ兵器、レーザー兵器を、爆発のレジェンダリーモジュール付きでスポーンしないように変更しました。

→ 開発者コメント:爆発モジュールは、装着されることで武器の弾丸が爆発するようになります。上記の武器は弾丸を撃ち出すタイプの武器ではないため、爆発モジュール付きでスポーンすることがないように暫定的な変更を加えました。

たしかに、これらの武器の弾が爆発したら、逆にビックリですw

でも、この修正により、今まで出たそれらの武器は超レア扱いになるでしょう。

でも扱いづらそうw

総重量に上限!

Fallout76 ブラストゾーン

総重量:キャラクターの現在の最大総重量に1500を足した値が、インベントリの絶対的な上限値として設定されるようになりました。

→ 例:キャラクターの最大総重量が210だった場合、上限値は1710になります。
→ 今後は新たに設けられたこの上限値を超過することはできなくなります。
→ すでにこの値を超えている場合、総重量を上限値より少なくしない限り、それ以上インベントリにアイテムやキャップを追加することはできなくなります。
→ 開発者コメント:ゲームワールド内のアイテム数が増えすぎると、サーバーのパフォーマンスが低下します。
これらの制限には主にそういった事態を防ぐ目的があります。
また、ゲーム内経済の調整という側面もあります。
ゲーム内の魅力的なアイテムをもっとたくさん所持したいという要望があることは承知していますので、収納箱の容量増加を含め、様々な解決策を現在検討中です。
こちらについては、準備が整った段階でまたお知らせいたします。

ややこしいですが、重量オーバーで小走りするとAPが消費される状態の境目ではなく、そのキャラでこれ以上アイテムを持てなくなる完全な総重量が追加されたようです。

これによって、たくさんのアイテムを抱える人、いわゆる重量バグを利用した人(重量グリッチャー?)がいなくなります。

この修正で、サーバーの負荷を軽減してくれるとうれしいですな!

収納箱の増量は期待ですね。

キャップ箱は見納めか修正:キャップ箱がコンテナ化!

Fallout76 日の出

キャップ箱:キャップの不正な増殖を防ぐため、キャップ箱はコンテナに変更されました。これにより適切なリセットが行われ、プレイヤーごとの非共通アイテムとして入手可能になります。

コンテナ外に置かれているアイテムは、サーバー移動などをすると、移動先のサーバーで取られていなかったら復活する可能性があります。

これを利用して、キャップを稼いでいた人がいたようです。

その、一部の人が大量にキャップを得ることを阻止したようで、キャップ箱がフィールド上ではなく、コンテナ内に出現するように変更されました。

キャップ箱自体がコンテナ化したようです!

Falloutシリーズで馴染み深いオブジェクトなので、消えるのは悲しいと思っていました。

残してからの、オンラインゲームに対応した措置だと思います。

みんな公平にキャップを手に入れることができるようになったので、よかったのではないでしょうか。

ベンダーの所有キャップをもっと増やしてほしいですけどねw

設計図関係が大幅に修正

Fallout76 設計図

設計図とレシピ:メニューで設計図またはレシピを閲覧する際、プレイヤーが既に習得しているものには名前の横に「(既知)」のタグが表示されるようになりました。

ベンダー:ベンダーのインベントリ内にあるレシピや設計図がランダム化されなくなり、各ベンダーから確実に入手できるようになりました。ただし、ワークショップおよびC.A.M.P.用の重要度の低い一部の設計図は例外となります。

→ ベンダーのインベントリに出現する設計図/レシピの多くはプレイヤーのレベルに基づいて決まり、適切なレベルに到達することで現れるようになります。
→ 壁セット、電源コネクター、ドア、ジェネレータ、浄水器用の新たな設計図が、一部のベンダーに追加されました。

これはわたしの中で1番うれしい修正です!

設計図ってなかなか手に入らないんですよね。

C.A.M.P.の家具とかが揃ってなくて、こだわって建築とかしたいのにまだ開放できていないのが多くて悩んでいました。

今度からベンダーが固定で売ってくれるそうなので、キャップ稼ぎですなw

おわりに

以上、アップデート内容を確認して、わたしの感想的なのをまとめてみました。

新生Fallout76として、改めて楽しんでいこうと思いますw

いろいろ弱体化されたので、プレイヤーもいろいろと使ったことのない物を使ってみると新鮮でいいのではないでしょうか。

さいごまで読んでくださり、ありがとうございました。

それでは、みなさんもご一緒にアパラチア再建の第1歩を踏み出しましょう!

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。