ロケーション

【Fallout76】バークレー・スプリングス駅〜レジェンダリーベンダーのいる道の駅〜

トミートグチ
トミートグチ
こんにちは!(๑•̀ㅁ•́๑)✧
ゲームYouTublogerのトミートグチです。
トミートグチのYouTubeチャンネルはこちらへ

バークレー・スプリングスという大きな町に、1つの駅があります。

その駅が「バークレー・スプリングス駅」です。

どういう場所なのか、紹介していきます。

どうぞよろしくおねがいしますm(_ _)m

バークレー・スプリングス駅はどこにある?どんなところ?

Fallout76 バークレー・スプリングス駅

沼地地帯にある駅で、2019年5月現在、ベンダーがいる唯一の駅です。

外観は他の駅と変わらないです。

しかし、他とは内部が違います。

その辺りを詳しく掘り下げてみます。

道の駅「バークレー・スプリングス駅」

Fallout76 バークレー・スプリングス駅

まず第一に、入り口にOPENの看板が目立ちます。

Fallout76 バークレー・スプリングス駅

他の同じ外観の駅とはまずここから違います。

入り口横にレジェンダリー交換の自動販売機があります。

これについては後ほど説明します。

外には弾薬と医薬品の自動販売機が設置されています。

Fallout76 バークレー・スプリングス駅

中に入ると、明らかに他の駅と違う構造をしています。

まず1つ目は、作りが駅ではないです。

一言で言うと、「店」です。

入り口から入り、左手に他と違った色の収納箱が置かれています。

Fallout76 バークレー・スプリングス駅

そして、入り口右手には「細工師の作業台」が置かれています。

奥の部屋にトイレがありますが、特に何もありません。

そして、窓口のなっている場所には、いつものベンダーボットではなく、モールマイナーのベンダーがいます。

Fallout76 バークレー・スプリングス駅

「提供者マームル」というベンダーです。

公式によると、女性のようです。

見た目じゃわかりませんが、他のモールマイナーと違っておしゃれです。

このベンダーと他のベンダーとの違いは、普通の取引ができないという点です。

そうです。

彼女は記事タイトルなどに書いている、「レジェンダリーベンダー」です。

アパラチア唯一のレジェンダリーベンダーとの取引の仕方

Fallout76 バークレー・スプリングス駅

取引にはキャップは使用することはできず、「証書」というものを使います。

ステータス画面の1番左のタブ、「コレクション」の中で持ち数を確認することができます。

この証書は、各駅にある「レジェンダリー交換」という機械でもらうことができます。

Fallout76 バークレー・スプリングス駅

その機械に、自分では不要なレジェンダリーの武器や防具を入れます。

そうすることで、証書を得ることができます。

星の数と種類によって、もらえる数が変わります。

証書を手に入れたら、レジェンダリーベンダーである提供者マームルと取引することができます。

おわりに

以上、バークレー・スプリングス駅とレジェンダリーベンダーの紹介でした。

ベンダーとの取引画面は、翻訳の不具合が解消次第、更新します。

さいごまで読んでくださり、ありがとうございました。

それでは、みなさんもご一緒にアパラチア再建の第1歩を踏み出しましょう!

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。