ロケーション

【Fallout76】モーガンタウン郊外の猟奇的な家!〜恐怖のネコ屋敷〜

トミートグチ
トミートグチ
こんにちは!(๑•̀ㅁ•́๑)✧
ゲームストリーマー(配信者)のトミートグチです。
トミートグチのYouTubeチャンネルはこちらへ

今回紹介する場所は、ロケーションとして登録できる場所ではなく、モーガンタウン郊外のある一軒家です。

見た目はただの民家で、普通に入ることができるので、なんとなく入ってしまいます。

動物が好きで、この表現が苦手な方は、とてもショッキングな場所です。

ざっくり言うと「猟奇的」です。

苦手な方は、地図だけ確認して近寄らない方がいいです。

Fallout76 ネコ屋敷

と、前置きという名の注意書きはこのくらいにして、紹介していきます。

どうぞよろしくおねがいしますm(_ _)m

尋常じゃないキャットボウルの数、そして・・・

ショッキング映像です(私的に)

まず足元にあるキャットボウルの数

ネコのいる一般家庭に、これほどの数のキャットボウルは置いていません。

わたしは、まずそこに動揺してしまいました。

そして、2階に置いてある檻のようなカゴ

最後に、壁に飾られているモノです。

ある意味ここは、ネコ好きや動物好きにとっては「危険地帯」です。

数から考えて、救いの想像が1つ

Fallout76 ネコ屋敷

キャットボウルと対象の数が合わない点です。

1匹1皿でも少し余ります。

19匹は確認取れましたが、それ以上は見つけきれません。

ちなみに皿は20枚以上。

ここで私の想像ですが、

「アパラチアに散在する「飼い猫」は、このネコ屋敷から逃げてきたのではないか」

ということが考えられました。

屋敷から逃げて生き長らえ、子孫へ意思を引き継いできたのかなと思います。

アパラチアで見かける「飼い猫」、なぜか敵対していますからね。

人間はひどいことをするという意思を引き継いでいるのかなと、わたしは妄想しましたw

おわりに

何度も書きますが、動物好きにとっては危険地帯です。

「君子危うきに近寄らず」です。

わたしがここに来てしまった原因は、重量オーバーで「作業台」を探していたからです。

このネコ屋敷には作業台はありませんでした。

分かれば対策できますし、避けることもできますからね。

ちなみに、夜のほうが雰囲気も出て、ホラー好きには良いかもしれません。

どうぞ立ち寄ってみてください。

それではまた、アパラチア再建を目指して頑張っていきます!

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。