健康

夜ふかしするとどうなるか?あらゆるデメリットをまとめたよ。

連日夜更かし続きで、目の下のクマが濃くなってきたトミートグチ(@TomyToguchi)です。

夜ふかししたくなる誘惑っていっぱいありますよね。

わかります。

わたしも誘惑されてつい夜ふかししてしまいますから。

夜ふかししちゃうと身体にどういう変化が起こる可能性があるのか、まとめてみようと思います。

あたまの回転が遅くなる

ウトウトパピ

眠気でウトウト、夜更かししちゃうとついしちゃいますよね。

ウトウトしている状態は寝ぼけているのと同じ状態なので、話を聞いているときの話の内容があたまに入ってこなかったり、終いには居眠りしちゃいます。

それと似たようなコトで、徹夜漬けで勉強をするという方法を学生時代にやったことがある人いると思いますが、この方法はあまりオススメしません。

なぜなら、眠気がある状態での脳は、日中より働いていないからです。

わたしも徹夜でテスト勉強とかしたことあるのですが、翌日になったら忘れていることが何度もありました。

逆に、早寝早起き後の勉強はとてもオススメです。

起きたあとは、脳がリフレッシュしたあとになるので、いつもよりすんなり覚えることができますよ。

目の下にクマができる、濃くなる

メイクイーン

目の下にクマがあると、不健康そうな人と見られちゃいますよね。

女性だと化粧で隠すことも可能なのですが、男性で化粧をする人は少数派です。

ほとんどの男性は化粧をしないはずです。
わたしもしていません。

なので、目の下にクマがあるとあまり良く見られないですね・・・。

黒縁メガネでうまく隠すことも可能ですが、色が濃くなるとヤバイです。

あまり不健康そうに見られると、仕事やビジネスにも影響が出かねないので注意が必要ですね。

人の第一印象は顔ですからね。

そもそもなぜクマができるのかというと、夜ふかしで目を使いすぎと血行不良がほとんどなので、目のクマ撃退法として、

目を温めながら寝る!
これベストです。

マッサージもあるようですが、やった感想として、あまり効果を感じませんね・・・。

温めて血行促進がオススメです。

筋肉の成長時間が短くなる

筋トレモデル

人間にとって筋肉は重要です。
筋肉の成長には時間がかかります。

それなら筋トレをやろう!と言いたいところですが、いくら筋トレをしても睡眠時間が短かったら意味がありません。

筋トレは筋肉を痛みつける行為です。

筋トレをやると筋肉が増えるわけではないです。

むしろやりすぎると減ります。

傷ついた筋肉を修復するために、炭水化物とタンパツ質が入った食事適度な睡眠時間が大事です。

寝ているときに人の身体は成長修復をしますからね。

頭髪の成長時間も短くなる

イーグル

筋肉と同じで、髪も睡眠時間に成長します。
寝ているときに髪の毛は成長します。

一番外からのストレスを感じない時間だからではないかとわたしは思います。

睡眠時間が短くなると、髪も薄くなり最終的にはハゲちゃいますので、お気をつけください。

また、寝ているときの頭皮環境が良くないと睡眠時間がいくら長くてもあまり成長してくれません。

なので、夜に風呂に入ってあたまを洗うと良いです。

脂性の人は寝る前に入るほうが頭皮にも良いですし、朝シャワーを浴びる時間も節約できます。

寝ない子は育たない!!

ゴロゴロパピ

寝る子は育つの逆ですね。

さきほどから述べているとおり、よく食べてよく寝る子はしっかりと育ちます。

逆に言うと、あまり食べないし、夜ふかしをしちゃう子は小さかったりします。

個人差はありますが、だいたいは小さいですね。

わたしたちが子どもを授かったら、よく食べさせ、いっぱい遊ばせ、そしていっぱい寝かせる。
これを徹底したいです。

それ以外はそのときの判断ですねw

早起きができない!!

あくび猫

夜ふかしすると早起きができません!!

やろうと思えばできますが、起きたあとが相当つらいです。

早起きするとメリットがたくさんあります。

上記の記事にまとめていましたが、このメリットがすべてできないということです。

夜ふかしして活動するより、朝早起きして活動したほうが、夜ふかしのデメリットを受けながら活動するより、断然いいです。

まとめると、早起きして夜ふかしデメリットを避けつつ、早起きメリットの恩恵を受けましょうということです。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。