時間

約束の時間がある日の自分の時間を作る方法

こんにちは、トミートグチ(@TomyToguchi)です(๑•̀ㅁ•́๑)✧

休日に友人と約束をすることは、よくあることですよね。

○時までに約束の場所までに行く、など時間が決まっていることがほとんどだと思います。

そして、その時間まで結構余裕があったりします。

すぐその場所に行っても、何時間も待つことになるので、それはあまりよろしくないです。

では、どうしたらいいでしょう。

人それぞれやり方は違うと思いますが、わたしの場合を書いてみたいと思います。

どうぞよろしくおねがいしますm(_ _)m

約束の時間を明確にする

まず1番大事なことは、約束の時間を明確にすることです。

曖昧な時間はよくないです。

相手を待たせることにもなりますし、自分の時間を調整するのに曖昧さは回避するべきです。

約束する相手と自分の、都合の良い時間を決めましょう。

曖昧さはトラブルを招きます。

友達の場合は、もしかしたら許してくれるかもしれません。それは友達にもよりますが。

しかし、取引相手などビジネスに関わる人や、あまり親しくない人との約束の場合は特に注意するべきです。

きちんと約束の時間を決めて、次の行動を決めましょう。

その約束の時間から逆算する。

次に、約束の時間までの時間を計算します。

いろんな人がやっていると思いますが、わたしも時間逆算法をしています。

カンタンに言うと、約束の時間まであと何時間あるか計算する方法です。

たとえば、わたしは本日13時に待ち合わせをしているとします。

現在時刻は10時です。

そうすると、3時間あるということです。

しかしここでつまづく人が多いです。

3時間もあると余裕をかましていると、約束の時間になっていることが多いです。

その場所へ行く時間も考えるべきです。

そして、混雑をしているか否かも考慮しなければなりません。

クルマで30分の距離だとしたら、1時間前に出ると混雑していても問題ないかもしれません。

心配だったら、グーグルマップのアプリを利用すると良いです。

クルマは混雑しているか、見ることができます。

電車は・・・すいません、沖縄に電車がないのでわからないです・・・。

約束の時間より何時間か早く出ることを心がけたらいいです。

沖縄の人は時間にルーズです。

ウチナータイムって言われるほど・・・。

このへん注意しないと、ビジネスはやっていけないので、ウチナータイムだからという言い訳は通用しません。

と、自分に言い聞かせています・・・w

逆算した時間のうち、自分の分をどのくらい取るか考える。

最後に考えるのは、その逆算した時間のうち、自分の分はどのくらい取るかを考えることです。

移動手段が電車やタクシーなら、移動時間も自分時間にすることができるので、その分も含めていいです。

しかし、自分で運転する場合は含めないように計算します。

わたしの場合は先ほどの例で、移動に1時間とるので、12時までに出発しなければいけません。

なので、10時から12時の2時間です。

そのうち、準備する時間を30分とすると、自由な時間は1時間30分となります。

このように、わたしは自分のペースと相談して、どのくらい時間を取るか、そして余る時間はどのくらいかを計算しています。

おわりに

相手を待たせる行為は、その人の時間を奪うことになります。

それは何よりも罪深いことです。

時間は有限で尊いものです。

数分の時間でも、お金を稼ぐ人はたくさんいます。

なので、たかが数分と思ってはいけません。

約束した時間はきっちりと守りましょう。

特に、時間指定した人はこの点を注意するべきです。

ここまで読んでくださり、ありがとうございましたm(_ _)m

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。