経験

ひかり回線の種類。PPPoE?IPoE?v6プラス?専門用語多すぎなので解説してみた。

最近新たにひかり回線を引いたのですが、契約のときに、回線の種類を問われました。
PPPoEやv6プラスなどです。

IT用語の知識があまりない方だとあたまの上に??が付きそうなので、ざっくりと解説してみようと思います。

ひかり回線の種類

ひかり回線に限らず、インターネットを利用するときは、その端末にかならずデータをやり取りするためのIPアドレスというクルマのようなものが割り振られます。

回線方式は道路のようなモノで、最近この道路が大変なことになっています。

PPPoEという今までの回線は大混雑!

今までこの回線の種類でPPPoEというものが使われていましたが、スマートフォンやIoTの普及によって爆発的に使われている状態です。

それにより、IPv4 PPPoE方式のインターネットは、ピーク時に混雑してしまうという状況になっています。

実際わたしが契約している、DMM光の回線方式の1つにIPv4 PPPoEがあり、これに契約していたわたしたちは、夜のピーク時にアニメがカクつく、ゲーム途中で切断されるということが起こりました。

ことの発端は契約したとき、サービスセンターの方がIPv4 PPPoEやv6プラスの2種類の回線があると言い、PPPoEは今までの回線、v6プラスは速度の速い回線と説明してくれました。

ですが、問題はここからです。

v6プラスだと、オンラインゲームができない可能性がありますと言われ、それはめちゃくちゃ困ると思いとっさに古いほうの回線を選択してしまいました。

あまりにも遅いので、v6プラスについて調べてみた結果・・・

回線が遅くて作業が進まずちょっと不便だなと思ってきたので、回線について調べてみました。

そうするとずら~とたくさんの情報がありますが、その中で目についたのが、IPv6 IPoEv6プラスは似ているが別モノという内容です。

ざっくり解説するとIPv6 IPoEは、IPv4 PPPoEの後継として用意された新しい道路なのですが、この道路は一部のオンラインゲームができないというのです。

まあ先程サービスセンターの方にも説明されましたね。

具体的にどういうのができないのかというと
ゲーム機だと

ニンテンドースイッチPS4

もうゲームをやる人は遅いのを我慢しろと言われているレベルですな。

マジかよ~と半分諦めていたらv6プラスについての解説に目が止まりました。

v6プラスとは
IPv4 PPPoEとIPv6 IPoEのハイブリッド

ざっくりいうと、普段使いはIPv6 IPoEの回線速度を維持しつつ、ゲーム機と接続するときはIPv4 PPPoEを使いますよ。という優れものです。

かみくだいて説明すると、IPv4 PPPoEは2車線の道路で、IPv6 IPoEは4車線の道路です。
そして、v6プラスは普段は4車線だけど、学校近くだと2車線になりますよというかんじです。
もちろん、学校近くなので速度も落ちます。

と、v6プラスはオンラインゲームをやっているときは回線速度が落ちますが、問題なく使えますよというサービスになります。

さっそくサービスセンターに問合せをしてv6プラスへ変更

さっきの説明読んだら、切り替えしたくなりますよねw
ということで、さっそくサービスセンターに問合せしました。

フリーダイヤルで待つこと30分・・・状況を説明して、回線を切り替えをお願いしました。

専用のルーターという端末が必要とのことですが、ルーターをレンタルしていたのでそのままで大丈夫とのことでした。

2日後に回線信号が変わるのとモデムやルーターなどインターネット関係の端末は、電源を落とさないでほしいとのことです。

おそらく、電源が切れていると回線切替の作業ができないのでしょう。

週明けには爆速。低速ひかり?回線という貴重な体験をした2週間

もはや、一昔前のケーブルテレビ回線と同じくらいの速度でした。

普通に使う分には問題ありませんでしたが、アニメやゲームは、昔やってたカクカクするオンラインゲームといった感じでしたねw

普通に移動をするコマンドをしたのに、キャラがワープをする感じですw

今回の件、わたしの場合はサービスセンターに電話一本(30分のロス)で解決しましたが、契約した場所によっては解約しないといけない場合もあるので、みなさんも契約するときは回線の種類に気をつけてくださいね。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。