大型家電を買うときに見るところ。妻は使いやすさ、わたしは金額と金利!!

大型家電もクルマと一緒で長期間使うタイプのモノですよね。

わたしは冷蔵庫や洗濯機を無意識に使っていたのか、妻に大型家電は10年使えると聞いて、「そんなに使えるの!?」とびっくりしてしまいました。

たしかに実家にある冷蔵庫も大学時代からあったような気がする・・・

と、前置きはこのくらいにして本題です。

引っ越しするために初めて大型家電を買ったので、そのときに見ていた買いポイントをまとめました。

妻の大型家電を買うときの視点

最初、冷蔵庫はコンロ台のとなりに置こうと思っており、そこは高さ制限があったため、小さめの冷蔵庫を買おうとしていました。

上にも書いたとおり、10年も使うものと思っていなかったからです。

さすがに10年も使うとなると、もし1年後に子どもができたとするとその子が8歳になるレベルです。

そうなると小さい冷蔵庫はアウトです。

高さ制限のないところに置けば問題ないので、わたしが大きいのでもいいねと妻に言うと、すぐさまいろんな冷蔵庫を物色し始めました。

使いやすさ比較のため、店員から情報引き出し

その行動を見ていると、冷蔵庫1つ1つを開けたり、冷蔵庫の機能を楽しそうに触っていました。

なるほど、妻は使いやすさを見ているのか!!
と、わたしは思いましたね。

わたしにとって、冷蔵庫は食べ物を保存するところと思っていたので、使いやすさまでは
見ていませんでした。

店員さんもその様子を見ていたようで、近づいてきて親切に機能を1つ1つ教えたり、比較もしてくれました。

妻の話の聞き上手が店員さんの説明をはずませたのでしょうね。

まとめると、妻の視点は使いやすさでした。

使いやすさ比較のため、店員から情報引き出しをしていましたね。

わたしの大型家電を買うときの視点

一方わたしの視点はというと、まず真っ先に見てしまうのが、金額ですw
そりゃ見てしまいますよ、数字ですもん。

それに、あまり見ない桁ばかりいっぱい並んでいるので、ハラハラドキドキですw

クルマは逆に本体価格を見ていなかったですけどね。

詳しくは、

オキナワで、電気自動車(日産リーフ)を1年乗って思ったこと。わたしなりのメリットデメリットまとめ。

に書いてあります。

金利と保証期間、そして押し売り回避

そして、10年使うモノと頭の切り替えが完了した後は、金利が安いか無いかを見ましたね。

金利については

税金と金利について
の金利について

にまとめてあります。

24ヶ月払いをするということは借金をするということなので、低ければ低いほどがベストです。

わたしの場合だと、電器屋の会員ですので無金利になりました。

マイナスの複利は無いことが一番です。

自分が儲けるための利率を上げることが難しいのに、支払うための利率は知らなければついてきてしまう。

これが世知辛い資本主義社会の構造です・・・。

と、話が飛んでしまいましたが妻は数字が苦手というので、わたしが見ているわけです。

あとは保証期間ですね。
これは、長ければ長いほどいいです。

店舗によって、保証が厚いところもあります。
会員だったら保証期間延長などですね。

わたしも会員なので10年保証がつきました。
これは心強いです。

そして、妻が店員さんに押し売りされないか見守り、その流れが見えたら止めるという役割もわたしですw

まとめると、わたしの視点は
金利と保証期間、押し売り回避ですw

長文を読んでくださり、ありがとうございました!!

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。