雑記

オキナワの伝統行事「シーミー」について

シーミーってひとくちに言われても
うちなーんちゅ(オキナワの人という意味)
以外は、ピンとこないですよねー
わたしも詳しくは知りませんw

うちなーんちゅ失格!
とか言われちゃいそうですが、
最近の若いのはこんなもんです。

吠えるパピ

うちの愛犬パピもいつも以上に
仏壇に向かって吠えています。
察しがいい人はもう気づいているでしょう。
そう、お墓参りのようなものです。

「清明祭」と書いて
シーミーと読むのですが、
だいたいこの梅雨前の時期にやります。

この日だ!という決まった日付はなく、
この時期の、
日にち的に良い日に行くかんじですね。

さすが、うちなーんちゅってかんじです。
んで、この日だ!って決めたら
なぜか毎年雨が降るんですよねぇ・・・

雨降ったら
延期するところもあるみたいですが、
うちのところは頑固なのか、
強行突破です・・・

かさを差しながら
亀甲墓と言われる墓の前にテントを建てて、
テントの中でお節のようなものを食べる。
ご先祖様と一緒にご飯を食べるという
意味合いなのでしょう。

墓参りってかんじはしないですが、
これがオキナワの墓参り(シーミー)
っていう行事です。

それにしても、うちのパピは
祖父を見ながら吠えているのか、
雷にビビって吠えているのか
どっちなんでしょうね・・・

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。