沖縄

沖縄で電気自動車を1年乗って思ったメリットデメリットまとめ。

日産LEAF(リーフ)を新車で購入してはや1年。

やはり、他の方のレビュー通り、パワーがすごい、カーブが曲がりやすいというメリットは感じられました。

バッテリー問題のデメリットはまだ感じられないですが。

それらを書くと同じような内容で個人的につまらないので、わたしなりに使ってていいなと思ったこと、改善してほしいと思ったことをまとめてみました。

電気自動車運用、経済的メリットがある!!

クルマを走らせると燃料が減ります。

当たり前ですよね。
永久機関などないのですから、動くモノはエネルギーを消費します。

電気自動車も同じです。
ですが、普通のクルマと違って使っているエネルギーは電気です。

ここに大きな差があります。

ガソリンと比べて税金が圧倒的に少ない!!

ガソリン(レギュラー)は2018年5月現在、1リットル価格、全国平均139.5円です。

電気自動車の充電するための会員カード会費は月3,000円です。

ガソリン3,000円分入れると、19.9リットル入ります。

現在、ガソリン車の実燃費トップであるトヨタヴィッツ(ハイブリッド)実燃費25.22km/Lに19.9リットルを入れると、501.87キロ走ります。

LEAF(リーフ)の場合、30分充電できれば30%から90%まで充電でき、約220キロ走ります。

わたしの使い方だと1日約80キロ走るので、ヴィッツだと約6日走れます。
燃料がなくなると給油で3,000円プラスです。

LEAF(リーフ)の場合、約2日半走れます。
そして、また充電できます。
月3,000円固定です。

この計算でいくと、ヴィッツは月(4週想定)12,000円~15,000円。

LEAF(リーフ)は月3,000円固定です。

圧倒的差です。

が、ここからが本題。
ガソリン税っていくらか皆さんご存知ですか?

1リットル当たり53.8円(沖縄は46.8円)です。

で、上の19.9リットルのガソリンが入るって計算おかしいと思いませんか?

はいそうです。
消費税を含んでの計算です。
実際は1リットル価格で、全国平均150.66円(税込)です。

ガソリン3,000円分入れると
ガソリン税 1,070円
消費税 222円
税抜きガソリン代 1,705円
です。

月だと5,168円~6,460円と約半分税金です。
ガソリン代だけでこれだけの税金です。

そりゃ、最近の若者(地方民除く)はクルマ持ちたくなくなりますよね・・・。

ちなみに一般家庭への電気代の税金は、月100円程度です。
急速充電設備の税金はどのくらいなのかはわからないですけどね・・・。

年間ざっくり計算だと、
ハイブリッド車は77,520円
電気自動車は1,200円
です。

頭痛くなりますよねw
地方民にとってクルマは必需品なので、辛いんですよ、税金。

沖縄県民のわたしも必需品なので、いかにわたしのお金をクルマに多く使えるかを計算し、かかる税金を最小限にした結果、ハイブリッド車を買おうとしていたのを方向転換して電気自動車を買ったわけです。

元は取れないが、最大限自分のお金をクルマに使える。

あ、元を取ろうとして買うのはかしこくないですよ。

さきほど紹介したトヨタのヴィッツハイブリッドは
本体価格 約200万です。

日産LEAF(リーフ)はわたしが購入した型落ち最上グレードだと
本体価格 約400万ですので、経済的ではありません。

ただ、燃料費や車体にかかる税金を最小限におさえ、自分のお金をクルマに多く使いたい場合は、LEAF(リーフ)などの電気自動車がオススメです。

むしろあまり税金かからないのに、国から補助金出ますからね。
ありがたいです。

電気自動車、沖縄ではどうなの!?

わたしがLEAF(リーフ)を購入するとき、みんながやるように情報収集をしていたのですが、沖縄ならではのメリットデメリットが見つかりませんでした。

探すのがヘタだったのかわかりませんが、一般的なメリットが多いですよね。

そりゃ、いっぱいの人に見てもらいたいのでそうすると思いますが、わたしのように自分のいる地域でのメリットはどうなのかデメリットは!?と調べる人がいると思うので、1年しか走ってませんが、3点書いてみます。

1.沖縄本島の全長で考えるといっぱい走れる!!と思うが坂が多くて距離は走らない。

沖縄本島の全長は106.6km、幅は31.2kmです。
それだけ考えると、
「あ!! 電気自動車だったらいっぱい走れるじゃん!!」
と思いますよね。
わたしもそうでしたからw

でも実際は、いろんなところに坂があります。
この坂がやっかいなんですよねー。
特に登り坂。電気食い虫ですw
走行距離がゴリゴリ減ります、マジでw
それ言ったらガソリンもそうですけどね。

ですが、坂が多いからこそ電気自動車やハイブリッド車がオススメです。

普通のクルマや軽自動車と比べたら、断然パワーが違います。

ここ坂なのか?と首を傾げるくらいスイスイ登ります。

電気自動車とハイブリッド車の違いは加速力ですね。
坂でもストレスなく加速できるのは大きいですね。

2.環境にめちゃくちゃ良い!! 排気ガスが一点集中!!

これはもうご存知のとおり、電気自動車ですからね。
排気ガスがクルマから出ません。
とてもクリーンですw

わたしが走っているときに発生する排気ガスは、沖縄電力のエントツから出ている!!
と考えております。

火力発電ですからね、沖縄のほとんどの発電所。

なので、沖縄電力さんが排気ガスをきれいにしようと努力するほど、わたしたち電気自動車オーナーは環境にやさしくなります。

沖縄が大好きですから、もっと空気がきれいになったらいいなとわたしは思います。

3.せまーい!!

なにが!?とツッコミがきそうなサブタイトルにしましたが、思わず叫びたくなるほど、せまいです。

田舎の路地

那覇の首里あたりも、住宅街に入るとすごいせまいです。
クルマ2台通りません!!
軽自動車でギリギリじゃないかなと言うほどです。

まあ、沖縄自体せまいですからね。
住宅街がみっちりになるのはしょうがないと思います。

LEAF(リーフ)だけではなく、ミニバンオーナーもせまくて苦戦しているでしょうね・・・。

日産リーフ2010年式Xエアロサンクスエディション

電気自動車の充電には時間がかかる。

わたしは家に充電設備がないため、外で充電しなければなりません。
そして、充電に時間がかかります。

これはデメリットであり、人によってはメリットです。

充電時間をどう活用するかによって、その人にとってメリットなのかデメリットなのかが変わる。

わたしの場合、ブログを書き始める前は本を読む時間にあてていました。

最近だと小説をちまちま書いていたり、ブログを書いていたりしています。
スマホひとつでブログ書けますからね・・・。

1回の充電で長くて30分です。
短いようで長いです。

充電時間を有効活用できる場合はメリットですね!

リーフ充電中

電気自動車自体はすばらしいですが、インフラ問題がいまだに解決されておらず

これはデメリットですねえ・・・

朝の充電中に、別の方が充電しようと来たときにつぶやいたやつです。

充電器をしているとき、1台の電気自動車が来てとなりに停まりました。
充電状況を見ようと外に出てきた運転手が端末に近づいて確認し、わたしに気づいたのか苦笑いして帰っていきました・・・

朝は10分程度の充電。
そして、夕方にも追加で充電しようと思い充電をしていると、同じ方が後から来て充電待ち・・・。

この流れ、すごく気まずくてイヤなんですよねー。

同じ電気自動車のオーナーで仲間なのに、充電器を使うたびにライバルになるような感じ。

ある程度充電できていたらもちろんゆずりますが、充電を始めたばかりで残量があまりないときは動けないです。

早期解決方法は自宅に充電設備を設置する

充電設備が増えるのを指をくわえて待つよりは、自宅に設備を設置したほうが早いですが、
アパート暮らしには辛いです。

充電設備、増えろー!と祈っておくのみです。

以上、わたしなりのメリットデメリットまとめでした。

長文を読んでくださり、ありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。