記憶

わたしなりの大学時代に活用していた、活用したかった、モノを覚えるコツ

モノを覚えるコツ
モノを覚えるという行為は、
記憶が鮮明のうちにやると良いですよね。

わたしは読んだり聞いたり見たりしただけ
では覚えることが難しく、
大学時代での講義のときは
とても苦戦しましたね。

ペラペラしゃべるだけの教授とか
とてつもなく苦手でしたよ・・・

そこで、わたしが大学のときに
活用していた方法と、
活用したかった方法をまとめてみます。

板書の写真をとり、それを見てノートに書く

やたらと板書が速い教授っていますよねw

わたしが学生のときは、
まだスマホが普及しだしたころだったので、
携帯電話でカメラをとるしか
選択肢がありませんでした。

もちろんデジカメはありましたが、
さすがにそこまでする
余裕はなかったですね・・・。

それで、速い板書への対策として、
卒業間際に流行りだした、
スマホで板書を写すという行為。

教授によって、
ダメと言う人もいましたが、
その教授に限って人気はなかったですねー

でも授業を受ける前に
カメラで板書を写してもいいか、
確認したほうがいいです。
講義中に写真とられると
気が散りますからねw

それで、写した板書を家に持ち帰り、
復習がてらに写真を見ながら
教授の説明を思い出し、
ノートに書き込んでいくと、
板書が速い教授の授業も
覚えることができます。

ボイスレコーダーを利用して、教授の声を録音。そして重要なところだけ書き起こし

これはさっきと逆パターン。

めちゃくちゃいっぱい喋るけど
あまり板書をしない、
もしくは重要なところだけを
板書する教授。

いたんですよ、わたしが学生のときに・・・
今だとスマホにボイスレコーダー機能が
ついているので、
それでなんとかなりますが、
わたしが学生のときは
ボイスレコーダーを買わないと
対策できなかったです。

もちろん余裕なかったので
買わなかったのですが・・・。

話を戻しますが、
ボイスレコーダーを利用して
教授の声を録音し、
板書がある場合はその場でノートに書く。

家に帰ってから、
録音した声を聞き、
ノートに書いた板書の横に
説明書きを付け加えるかんじに
書き起こしをして
覚えるといったかんじです。

現在議事録もこんなかんじに
重要な部分だけを記録しています。

読んで書く。読みながら書く。

これはシンプルです。

本などを読んで、
記憶が鮮明のうちに
ノートやブログに感想などを書く。

そして、再度本を読みながら付け加える。

読んで(インプット)
書く(アウトプット)
ことを繰り返すと、
脳に刻まれる純度が増すので、
効果的です!

インプットアウトプットに関しては

インプットは大事!アウトプットはもっと大事!

にわたしなりの考えを
詳しく書いています!!

またブログに書くことにより、
書評として共有できるので、
宝モノ(仲間)が増えるという
すばらしいオマケもついてくるので、
いいことづくめです!!

さいごに

といったかんじに、
覚えるのが苦手なりに
頑張っていましたが、
それでも覚えきれないモノがあります。

モチベの問題でしょうね(^_^;)

モチベーションはもう、
自分の好きな授業を受けるなど、
好きなことに集中するしか
ないでしょうな・・・。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。