仕事

連休はどう過ごすと良いか〜自己投資期間に最適!〜

こんにちは、トミートグチ(@TomyToguchi)です(๑•̀ㅁ•́๑)✧

2019年の5月1日は新天皇の即位日になっているようです。

その当日と前後日は、その年限りの「祝日」にするという案が出されているというニュースが話題になっていますね。

噂によると10連休になるそうです。

そんなに長い期間休んでしまうと、連休明けの仕事がものすごくダルくなるのは、ほぼ確定ではないかと思っています。

その仕事したくない病、いわゆる「5月病」と言われていますが、これが2019年は更にひどくなると予想されます。

では、どのようにしてこの連休を乗り切れば良いのか、どう活用したらいいのかをシェアしてみたいと思います。

どうぞよろしくおねがいしますm(_ _)m

5月病は連休を満喫した度合いによって、深刻度が増す。

連休の使い方は人それぞれです。

家族奉仕のためや、自分の英気を養うために使う人もいます。

それはいいことだと思います。

平日はどうしても仕事で家に帰ってくるのが遅くなったりします。

そのせいで家族とのコミュニケーションがなかったり、休む時間が少ない場合が多いです。

休日は、その穴埋めに使う!という人は少なくないです。

しかし、連休はその名の通り、連日休日なので、身体が休日の感覚を覚えてしまいます。

そのせいで、連休明けの仕事は、いつもと同じなのにダルく感じるわけです。

では、どうしたら5月病を回避することはできるのか?

連休を満喫しないという方法はオススメしません。

せっかくの休みなのに、楽しまないのは良くないです。

じゃあ、5月病は回避できないじゃないかと思いますよね。

そんなことはないです。

回避は難しいですが、軽減することはできます。

満喫しながら、5月病を軽減できる方法。

それは、「仕事っぽいことをする」です。

「っぽい」ってなんだよと思いますよね。

要するに、サラリーマンの仕事をしないでサイドビジネスをするということです。

サイドビジネス、いわゆる副業ですが、別にそれらじゃなくてもいいです。

長くて1時間と制限を設けて、仕事みたいなことをすればいいです。

回避策は、読書やビジネスなど、自己投資を連休中に集中するべき。

仕事みたいなことの具体例として、読書をすることです。

自分の本業に関する本でもいいですし、それ以外でもいいです。

自分のためになる本を読んで、自己投資をする時間を設けることです。

漫画でも問題ありません。

その漫画から何かしら教訓を得ることができたら、それはあなたにとって自己投資時間になります。

自分のサラリーマンとしての仕事以外のビジネスをするのもいいです。

結局仕事してるじゃんと思うでしょうが、自分が自主的にやっているビジネスって、好きだからやっていますよね。

なので、ビジネスをやっている時間は楽しいと感じているはずです。

自分が楽しいと思っている仕事は、半分仕事で残りは趣味みたいなものです。

そう思いながらできる仕事は、とても素晴らしいものです。

そしてその時間が、仕事をしている感覚に陥ると成功です。

そうすることで、連休明けのダルさは軽減されると思います。

わたしも2018年の連休中は、ブログについての本を何冊か読みました。

そのおかげか、毎年のように感じる5月病があまり感じませんでした。

効果あるかもしれませんよ?(๑•̀ㅁ•́๑)✧

おわりに

わたしは、サラリーマンは副業、ブログなどの個人事業でやっていることは本業と思ってやっています。

連休は副業のお休み期間であって、本業は年中無休バリバリやっています。

楽しいですからね、毎日やりたくなりますよ(๑•̀ㅁ•́๑)✧

この仕事をしている感覚、これを感じるようになったら、5月病克服も近いです。

2019年は、5月病患者が増える年、ほぼ確定です。

なので、今からできる対策をしておくことが大事かもしれませんねw

ここまで読んでくださり、ありがとうございましたm(_ _)m

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。