知識・経験

わたしなりの格安スマホ乗り換えまとめ

ということで、今回は格安スマホについてまとめていきたいと思います。

わたしは2015年にお金回りの勉強をしている時、スマホ代がバカ高いと気づきました。

今わたしはすでに格安スマホに乗り換えていますが、乗り換え当時のことをまとめておきます。

格安スマホへの道のり1「大手キャリアとの戦い」

スマホ代がバカ高いと気づいたのは冒頭にも書いたとおり、2015年です。

月額たけぇと思い、何度もプラン変更をしましたが、だいたい同じくらいの金額で、8千円から一万千円を上下していました。

半年ほど戦いましたがダメだと思い、ネットで話題になっていたワイモバイルの店舗に足を運び、どのくらいの月額になるかシミュレーションしました。

だいたい3千円から4千円くらいだったかな。

約半額減るので、すげぇなと思いましたね。

それで、またauの店舗に行き、電話番号引き継ぎをするためにMNP予約番号というモノを貰いに行ったのですが、この時に
「どの他社さんに変えるのですか?」
と聞かれたわけです。

わたしは素直に
「ワイモバイルですねぇ」
と答えたら、その店員さんはものすごい営業トークでワイモバイルの悪い点ばっか言うんですよ。

そしてauと比較しちゃって、最終的にはワイモバイルにすると損とか言ってきて・・・。

わたしはちょっと
「うわぁ・・・めんどい店員に当たったな」
と思って、一旦持ち帰って検討すると言って、帰りました。

逃げたわけではなく、戦略的撤退です!

格安スマホへの道のり2「戦略的撤退から情報収集」

この時は、格安スマホ=ワイモバイルみたいな流れがあったように思えます。

携帯電話は店舗で契約するものと小さい頃から思っていたので、当時沖縄での
格安スマホの店舗がワイモバイルしか目に付かなかったので、ワイモバイルしかないんだと
勘違いしていました。

実際は、ネットで調べると店舗を持たない格安スマホがたくさんあります。

  1. ソフトバンク回線
    ワイモバイル
  2. ドコモ回線
    楽天モバイル、イオンモバイル
    mineo(マイネオ)、UQモバイル
  3. au回線
    mineo(マイネオ)UQモバイル

と、回線ごとにたくさんの業者があります。

現在はもっとたくさんあり、自分の使い方によって使いやすいところや使いにくいところがあるので、自分で調べて選ぶ必要があります。

わたしはauを使っていたので端末を流用できると思い、mineo(マイネオ)とUQモバイルの
2つを比較しました。

どっちもメリットデメリットがあり正直どっちも良いなと思いましたね。

強いて言えば、mineo(マイネオ)

  • メリット
    豊富なデータ容量プラン
  • デメリット
    人気が故、昼休み時間(12時~13時)は
    混み合うので回線速度がガクっと遅くなる。

UQモバイル

  • メリット
    通信速度と通信品質はナンバーワン!と
    言えるほど安定している。
  • デメリット
    データ容量プランが少ない。

といったところです。

もっとあるのですが、それはもっと詳しく説明をしている方々がいらっしゃるので、そちらを参考にしていただいたら幸いです。

スポンサーリンク

格安スマホへの道のり3「大手キャリアと再戦!」

MNP予約番号を受け取るため、再びauの店舗に足を運びました。

前回の教訓で、
店員にどの他社に乗り換えるか聞かれたら
「他社です!」と言って乗り切る

を心に留め、なんとか予約番号を手に入れることができました。

コレけっこう重要です。
営業トーク避けることができるので、
時間の短縮になります。

あとから知ったのですが、MNP予約番号は
電話でのカスタマーサービスでも
もらえるそうです。

あと総務省が、MNP予約番号の手続きをWeb上のみで完結できるように改正する方針のようです。

そうしたら、今よりかなり楽になりますね!

格安スマホへの道のり4「思わぬ罠!申込み」

店舗のない格安スマホはネットで申込みをすることになります。

注意しておきたいことが1点あります。

それは、MNP予約番号には期限があることです。

そして申込みは、この期限の10日前までには終わらせないといけないというが存在します。

この存在をつい最近まで知らなかったため、妻のスマホを格安スマホにするときにのんびりしすぎて10日を切ってしまいました。

その際は、再度予約番号をもらうという手間と手数料3,000円(税抜)がかかるので、もらったらすぐに申し込みをしましょう。

格安スマホへの道のり5「さらに思わぬ罠!SIMロック」

罠だらけでとにかく腹が立ちますね・・・。

SIMロックというキャリア以外で使えなくするロックがあるのですが、これを予約番号を貰うときに店員がやってくれます。

このとき、親切な店員はSIMロックのことを教えてくれるのですが、教えてくれない店員もいるのです。

何を教えてくれるのかというと、

「他社へ乗り換えの手続きをしているとき、
スマホのSIMカードを抜かないと
SIMカードがロックされます」

という内容です。

これを妻の予約番号を最初に貰ったときに教えてもらったのですが、1ヶ月経ったあとに
再度予約番号をもらったときにはそのことを忘れて手続きをしてしまいました。

4日経過してマイネオのSIMカードが届き、さっそく回線切り替えをしました。

そのあとに気づいてしまいました。
SIMロックされていることに・・・。

回線切り替え前に気づいたらまだ救いはあったのですが、切り替えしてしまったら解約したことになり、ネットでSIMロックの解除ができなくなってしまいます

この場合は、ショップに行って解除するしか方法はありません。

その際、手数料として3,000円(税抜)がかかることになります。

痛手ですよね・・・。

SIMカードがロックされ、そのまま回線切り替えという同じ過ちを繰り返さないように
手順を記しておきます。
※これはiPhoneのやり方です。Androidもほとんど一緒ですが、成功時にどのように表示されるのかがわからないです。

  1. SIMカードが届く
  2. スマホの電源を落とす
  3. 届いた格安SIMカードをスマホに入れる
  4. 電源を入れる
  5. アクティベート開始

 

  1. 成功の場合
  2. AppleIDのパスワードを入力します
  3. 初期設定

 

  1. 失敗した場合
  2. 元のキャリアSIMカードと入れ替える
  3. 各キャリアの公式ページにログインし、SIMロック解除のページを探す
  4. SIMロック解除
  5. 格安SIMカードと入れ替える
  6. 初期設定

この手順を踏むと、自分のスマホがSIMロックされているかどうかがわかります。

ここまで終わったら次に進みます。

格安スマホへの道のり6「初期設定」

SIMロックの解除を確認したら、次にしないといけない重要かつめんどくさいもの、初期設定です。

大手キャリアだと店員さんがやってくれるので、待つだけで良いというメリット、もうメリットでも何でもないです。

今は初期設定の説明書というものをていねいに付けてくれており、それを見ながらやるとあっという間に終わります。

また、ネットで検索したらやり方をていねいに解説してくれてる方いっぱいいるんですよね・・・。

その解説を見ながら設定するだけでもあまり時間かからずに終わらせることができます。

それだけで月額を相当抑えることができるのはとても大きいです、ほんと。

UQモバイルですと、こちらの方がオススメです。

mineo(マイネオ)は、こちらの方がオススメです。

以上です!
みなさんも、よいスマートフォンライフを!

スポンサーリンク

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。