沖縄

ふるさと納税をよりお得にする方法〜本部町へふるさと納税しました!〜

こんにちは、トミートグチ(@TomyToguchi)です。

最近話題で、人気の絶えないふるさと納税について、沖縄大好きウチナーンチュのわたしも沖縄県の本部町にふるさと納税をやったので記事を書きたいと思います。

実際にやったのは去年ですが、ふるさと納税をやった当時の日記を引っ張り出しました。

普通にやるより、ちょっとお得な方法を、その時の経験をプラスしてシェアしたいと思います。

ふるさと納税って聞いたら難しい印象?

電球と?

ふるさと納税って聞いたら、“納税って書いてあるし難しそう”という印象がありますよね。

わたしも一昨年、
ふるさと納税・・・納税・・・うっ!
といった感じに頭を抱えて思考停止していました。

でも、ふるさと納税の仕組みがわかれば、頭を抱えずにすみます。
詳しく書いていきましょう。

ふるさと納税ってどんな仕組み?損してない?

1円の入った財布
ざっくりと説明しますね。

ふるさと納税とは、好きな自治体に寄付をすることができ、寄付をするとお礼の品がもらえるという仕組みになっています。

ふるさと納税をした分のうち、自分の寄付上限額以内の寄付金分、今年度の所得税翌年度の住民税から控除されます。

楽天ふるさと納税
楽天ふるさと納税

ふるさと納税のことをもっと知りたい方は、はじめての方でも簡単!ふるさと納税とは?と書いてある「赤枠」をクリックしてください。

また、自分の寄付上限額の目安が知りたい場合は、あなたの寄付上限額は?シミュレーターと書いてある「青枠」をクリックしてください。

そうすると、下の画像のページに飛びます。

まず、Step1の寄付者の年収家族構成を入力してください。

寄付者の年収は、大体の年収か去年の源泉徴収票を参考にしてください。

入力が終わると、目安となる寄付上限額が出てきます。

Step2に、ふるさと納税の寄付予定額を入力すると、所得税+住民税の控除額自己負担額がわかります。

この寄付上限額を上回る寄付額が自己負担額となります。

自己負担額が2,001円以上になると、基本的に損していると考えていいかもしれないので、2,000円以下に抑えるようにしましょう。

ネットショッピングと似ているのでカンタン!

ネットショッピング
ふるさと納税は、インターネットを使って行うことができます。

いくつか、ふるさと納税のサイトがありますが、わたしがオススメするのは、楽天ふるさと納税です。

楽天カードはポイント還元率が高いので、愛用しているほどの楽天カードマンなのですが、この楽天ふるさと納税は他のサイトと比べてポイント還元率が高いのが特徴です。

他のサイトだと、通常の楽天カードを使った場合、還元率1%です。

ですが、楽天ふるさと納税だと、楽天カードで支払った場合の還元率は3%です。

では、カンタンに楽天ふるさと納税の使い方を説明します。

楽天市場
楽天市場

お馴染みの楽天市場のトップページです。

ここ!

このページのかしこく、お得にの一覧に、楽天ふるさと納税という欄があります。

こちらをクリックすると、先ほどの楽天ふるさと納税のページに移動することができます。

あとは、自分の寄付上限額を気にしつつ、買い物をする感覚で商品を選ぶだけです。

カートの中身1

商品を選ぶと、買い物かごのページに移動します。

カートの中身2

ご購入手続きのボタンをクリックし、楽天IDとパスワードを入力し終えると、最終確認のページに移動します。

ここで、送付先と支払い方法を確認します。

支払い回数は一括払いしか選択できません。

楽天カードが選択されていたら、還元ポイントが通常の3倍になっているのが確認できるはずです。

ポイントを利用しても、ちゃんとその金額が寄付されていることになるので安心してください。

注文を確定するを押したい気分になりますが、まだ注意するべき点があります。

そのまま注文を確定するボタンをクリックしてしまうと、「赤枠」のメールマガジン登録も一緒にすることになります。

一応注文を確定するボタンの下に注意書きがありますが、気づかないですよね。

メールマガジンはいらないという方は、すべて解除のボタンをクリックして解除をしてください。

また、お気に入りショップ登録も一緒にされるようで、これも登録しなくてもいい場合は解除をしてください。

気づかずに注文確定をしていたら、どんどんメールマガジンが登録されていく罠なので、気をつけましょう・・・。

ふるさと納税をした本部町からもらった「海蛍ビアジョッキ」

ここからは、わたしが実際にふるさと納税を行って、品が届いたときの事例です。

わたしも去年ですが楽天ふるさと納税を使って、地元沖縄県の本部町にふるさと納税をしました。

初めてのふるさと納税は沖縄県内にしようと決めていたので、それだったら祖父のふるさとである本部町にしようとパッと決まりました。

本部町といえば、沖縄のブランド牛である
もとぶ牛※注:リンク先音が出ます。
ですが、当時のわたしはマイコップが欲しかったので、琉球ガラスのコップで何かないかなと探していました。

そして見つけたのが
ふるさと納税 ジョッキ
こちらの海蛍ビアジョッキでした。

琉球ガラスではないですけどねw
画像を見たとき、キレイなコップだなと思ってすぐに寄付しちゃいました。

実物の写真がこちらです。

ビアジョッキ明

横から撮った写真です。
明るいと青が目立つなという印象ですね。

ビアジョッキ上

上から覗くと渦を巻いているように、模様が散らばっているように見えます。

ビアジョッキ暗

暗くして下から照明を当てると、星がキラキラ光っているように見えます。

今年はモノを増やさない方針なので、食べ物にしようかなと検討中です。

先ほど書いた「もとぶ牛」でもいいかもしれませんね!

おわりに

ふるさと納税は、自治体にも寄付者にもWINWINな制度です。

ぜひ活用して、上手く節税しましょう!

ここまで読んでくださり、ありがとうございました。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。