日記的なネタ

連休中に一戸建ての家を修理したハナシ

家と言っても全体ではなくて、
一部分のみ修理しました。

築60年の超古い物件ですが、
屋根以外はとても頑丈な作りで、
しっかりしているなと感じましたね。

今回主に修理したのが、
浮いている床を釘で打ち直すのと、
浴室兼トイレが
ものすごくユーレイさんが出そうな
雰囲気だったので、ココだけリフォーム。

黒いのはおそらくただの影です。
ホラー的な要素のモノではないですからねw

この状態から浴室用のペンキを塗り、
そしてタイル張りまでやりました。

わたしと妻と、1日だけ友だちが手伝いに
きてくれました。
もちろん、3人とも素人ですw

タイル張りはまず、
セメントを作る作業から始めます。

日曜大工用のセメントがDIYセンターなどに
売っていましたので、それを大量に購入。

セメントの作り方としては

  1. バケツに適当に水を入れます。
    多すぎず、少なすぎず、
    バケツの半分くらいですね。
  2. セメントの粉を少しずつ水の入った
    バケツに入れ、かき混ぜる。
  3. ひたすら2番を続け、都度かき混ぜている
    棒(わたしは小さいスコップを使いました)を
    バケツから出して、ドロドロ具合を確認。
  4. ドロドロになってきたら完成!

といった感じの適当さでできちゃいましたw
タイル張りですが、
わたしも挑戦したのですが、
なかなか上手くいかず、
ズレたりセメントを多く盛りすぎたりと
不器用さが出てしまいました・・・
なので、
タイル張りは主に妻が頑張ってくれました。

ものすごく器用で、職人レベルです。
この器用さも、尊敬ですほんとうに。
そのときの風景

前髪がじゃまそうだったので、タオルを巻かせたら
職人らしさが更に増しましたw
そして、完成したのがこちらです。

全部張り終えたあと、写真を撮り忘れたので、
右下が残ってはいますが、
実際は全部終わってます。

ユーレイさんが出そうな雰囲気の浴室が
なんと明るい空間になったではないか!
と、ビフォーアフター風に言ってみるw

壁の絵は、100均の浴室用ステッカーですね。
なかなか良いです。
連休はDIY尽くしで、とても楽しくて
よい経験しました。
DIYいいですねーまた何かやりたいです!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。