悩み

知らないことの恐怖の大半は知識で和らげることができる〜知識と信じるについて〜

トミートグチ
トミートグチ
こんにちは!(๑•̀ㅁ•́๑)✧
トミートグチです。
twitter ID:(@TomyToguchi
  • どうして恐怖心を抱くのか。
  • 世の中怖いことが多い。
  • 恐怖心に対抗したい。

と思っている方への指針となる記事となっています。

わたしは、今回シェアすることを日常的に行っています。

ライフワークですね。

1では恐怖心について、2と3では間違った対抗策と、正しい対抗策を解説していきたいと思います。

みなさんも、今回シェアすることを日常に取り込むことで、恐怖心を打ち負かすことができるようになります。

どうぞよろしくおねがいしますm(_ _)m

1.無知は怖さを助長する。

知識と信じるについて
人間は、自分の知らないものに対して、恐怖を抱きます。

知らないもの、怖いものは徹底的に避けようとします。

これは本能的なものです。

子どものころに、暗いところが怖いと経験した人はたくさんいると思います。

これは本能的なものが大きく、暗いところから何かに襲われたらいけないと、脳が恐怖心をあおり、近づかないように司令を出しているからです。

暗いところが怖いという場合は、その場所をよく知らないことが多いはずです。

逆に、よく知っている場所が暗い場合はそこまで怖くはないはずです。

無知は怖さを助長します。

無知から逃れるには、2つの方法があります。

それは、「知識」「信仰」です。

2.信仰は恐怖を避ける行為。

知識と信じるについて

まず1つ目として、「信仰」について書きます。

「この人を信じてついていくと怖いものなんてない!」

「宗教を信仰すると、神様が怖いものを追い払ってくれる!」

と、恐怖心から抜け出すことができます。

一見、この方法は良いように見えますよね。

しかし、これらの考え方は、恐怖からひととき逃げているだけになります。

宗教を侮辱しているわけではないですよ。

宗教を盾に、恐怖心から隠れる行為が良くないということです。

もし、その人があなたから離れていったら?

宗教から抜けた場合は?

その後に、また同じような恐怖があなたを襲ってきたら、すがる相手がいなくなり、再び怯える暮らしに戻るでしょう。

信仰は恐怖心への一時しのぎにすぎないのです。

3.知識は人間の武器。武器を増やすと怖いもの知らずになる。

知識と信じるについて

2つ目は「知識」です。

知識は人間の最大の武器です。

情報戦という言葉があるように、知識のぶつかり合いが人間の最初の戦い方です。

話がそれましたが、知識という武器は恐怖心に打ち勝つことができます。

知らない恐怖を負かすことができるわけです。

経験もそうです。

わたしが知識と経験を同じカテゴリーにしているのは、この2つは同じものとしているからです。

本を読むということは、著者の経験を得るということです。

このブログもそうです。

ブログを通して、読者へわたしの経験を伝えているので、その知識を得られるということです。

そしてその知識で、知らないという恐怖を和らげることができるのです。

しかし、中には対処できない恐怖心もあります。

それが「恐怖症」です。

恐怖症は精神的疾患なので、知識でカバーできるようなものではありません。

多少和らぐと思いますが、心の奥底では恐怖心が残っている場合があります。

この場合で一番良いのは、医師を信じてみるということですね。

このときにこそ、信仰が活躍するわけです。

おわりに

知識と信じるについて

恐怖心は「知識」か「信仰」でほぼ解消できます。

そのほとんどは「知識」でなんとかできます。

恐怖症への対策である「信仰」は、あくまでも医師への信頼ですからね。

決してへんな人についていかないでくださいね。

ここまで読んでくださり、ありがとうございましたm(_ _)m

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。