知識・経験

災害の備えと災害にあったときの対応〜地震編〜

こんにちは、トミートグチ(@TomyToguchi)です。

2018年9月6日、早朝に北海道で最大震度7の大地震がありました。

わたしが住んでいるところは沖縄なので、とても北なので駆けつけてボランディアなどができません。

なので、わたしが知っている知識で、地震時に役に立つものをまとめてみたいと思います。

参考にしていただいたらなと思います。

時事ニュース:北海道で最大震度7の大地震

またもや自然災害です。

台風に続き、大地震です・・・。

平成最後の年は、災害が多いですね。

終わり良ければ全て良しなのに、終わりが良くないです(・_・;)

ネガティブなことを考えたらダメです!

最後の最後はとても良いことがあると信じて、前を見て歩きましょう(๑•̀ㅁ•́๑)✧

災害時は飲み水に注意!!

地震にあわれた方、飲み水には十分に気をつけてください。

わたしが書いた記事には浄水器をオススメしていますが、災害時には役に立たないです。

こういうときこそ備蓄水が心強いです。

また、浄水器は水道水に含まれる塩素を取り除くので、日持ちがしません

なぜかというと、雑菌を繁殖させてしまうからです。

なので、もし水を貯めておかないといけないときは、浄水器を使わずに水道水をそのまま貯めてください

停電する恐れがあるので、バッテリーに充電しておく

ニュースを見ると、今回の北海道大地震はすでに停電中とのことですね・・・。

クルマなどがまだエンジンのかかる場合、モバイルバッテリーに電気を蓄えていたほうがいいです。

停電中だと、ガソリンスタンドも動きません。

なので、エンジンがかかるうちに充電しておきましょう。

わたしがオススメしているモバイルバッテリーの中に、大容量の物があります。

容量が大きいバッテリーのほうが、災害時に向いています。

1個でもあれば、ないのと全然違いますので、災害対策に1個家にあるといいです。

本当はスマホ1台につき、モバイルバッテリー1個が理想ですけどね。

避難場所の再確認をすることは重要事項

自分が住んでいる場所の避難場所って、把握していない場合が多いですよね。

思わぬところが避難場所になっていたりしますので、再確認することが大事です。

Yahoo Japanの防災速報というアプリや、国土交通省が出しているハザードマップポータルサイトで確認することができます。

手順などは、別記事にまとめましたのでご覧ください。

まとめ

地震のときにあったら役に立つものはもっと色々あります。

わたしが紹介できることは、今のところこれくらいです。

まとめると、

  1. 飲み水には注意してね。
  2. 停電対策にモバイルバッテリー。
  3. 避難場所の再確認。

この3つです。

命を大事に無理をしないでください。

ここまで読んでくださり、ありがとうございました。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。