悩み

なぜ嫌だったことは覚えているのか?〜楽しい面白いを覚えやすくする方法〜

トミートグチ
トミートグチ
こんにちは!(๑•̀ㅁ•́๑)✧
トミートグチです。
twitter ID:(@TomyToguchi

なぜか嫌なことって覚えていたりしますよね。

わたしも妻のツイートを見て、中学の頃にあったことを思い出しました。

今回は、なんで嫌なこと覚えているのかということと、逆に楽しかったこと面白かったことあまり覚えていないのかということを書きたいと思います。

また、覚えるのが苦手という方への、対処法も書いていきます。
どうぞよろしくおねがいしますm(_ _)m

嫌だったこと、衝撃的なことは脳に刻まれやすい

嫌なことが、楽しかったこと面白かったことより覚えているのは、脳の仕組みによるものだと思います。

人間以前に、根本的なことが原因です。

生物とくに草食動物は、外敵から逃げないと生きていけません。

わたし達人間が進化する前の猿類も同じです。

逃げること=嫌なこと、ですよね。

それを覚えておかないと、生き延びることはできません。

それがわたし達人間にも、残っているのだと思います。

わたしも中学の時、いわゆる不良という人達に殴られ蹴られをされていました。

また、わたしと仲良くしていると不良にやられると、クラスメイトや他の人からも無視され避けられていました。

あれから10年以上経っている今でも、その記憶は鮮明に残っています。

トラウマというのも、記憶が鮮明に残っているから起こるものではないかと思います。

今でも人に無視されたくないと、顔色をうかがうことがしばしばあります。

コミュ障気質治したいんですけどね…w

楽しかったことや面白かったことは薄れていく

では、逆に楽しかったことや、面白かったことはどうでしょう。

同じ中学のころの楽しかったことは、全然思い出せません。

クラスメイトの名前すら覚えていませんからね。

高校のクラスメイトは、現在でも関わりのある人は、もちろん覚えているのですが、それ以外は全然です。

わたしは覚えることが苦手なほうなので、人の顔や名前を覚えるのも苦手です。

1回しか会ったことがない人とか、時間が経って再び会っても誰だっけと考えてしまいます。

相手が覚えていたら焦りますよね…w

では、どうしたら人の顔と名前や楽しかったこと、面白かったことを覚え続けることができるのか。

次にわたしなりの方法を書いていきます。

書く日記や声日記、ブログのオススメ。使い分けるといいかも?

わたしの記憶術ですが、3つあります。

手日記は、普通に日記帳に書くということです。

声日記は、ボイスレコーダーやアプリなどを利用して、重要なところだけ声で残す日記です。

ブログは、みんなにもシェアしたいことを中心に書いています。

それぞれ詳しく説明しますね。

手日記はプライベートな内容で、公開できないもの

最初は手日記についてです。

わたしが日記に書いているのは、ブログに書くことのできないプライベートな内容だけです。

日記帳ではなくて、システム手帳でも問題ありません。

最近はオシャレなシステム手帳がたくさんあるので、自分にあったものが見つかるでしょう。

でも、外出する際の出来事メモは、iPhoneのメモ帳アプリです。

荷物にならないですし、すぐに取り出してメモをすることができるのでオススメです。

また、メモ帳アプリを見て、手日記に清書をするとき、合ったこと衝撃的に書くとよいです。

わたしはほぼ日手帳を使っているので、1日にあったことを多く書けるので重宝しています。

365日プラスアルファあるので、ページ数は多いですが、厚さ的に片手に収まる小説本くらいです。

声日記は、覚えておかないといけない重要なことを残すためのもの

次に声日記についてです。

必ず覚えておかないといけない内容を、声に残す方法です。

自分の声で話してアウトプットをし、再度それを聞いてインプットをする、ダブルで効果のある方法です。

重要な案件人物の名前と詳細を声で残すと、忘れにくくなります。

もし日記に書くと、どこに書いたか忘れがちです。

ボイスアプリだと1つ1つにタイトルをつけることができるので、それに重要案件人物を書けば、あとは再生して聞くだけです。

突然その人物に出会った時は、再生して聞くのは難しいので諦めですが、会いそうな場面などに行く時は確認できますね。

ブログは、自分の得た知識を他人にシェアすると共に、自分のアウトプットのためにもなる。

さいごにブログについてです。

わたしのブログの活用法は、得た知識をアウトプットをして他人にシェアする、という考えです。

大学の恩師に、“自分が得た知識は、視点を変えて他人のために使いなさい”と教わりました。

おそらく恩師は、大学の講義を通して、自分の得た知識を他人にシェアしているのだと思います。

それを見習って、わたしは自分の知識をブログを通して、他人にシェアをしていこうと考えました。

自分のためにもなり、他人のためにもなる。

一石二鳥です(๑•̀ㅁ•́๑)✧

おわりに

嫌なことは覚えていて当然です。

脳がそういう仕組みになっていますからね…。

人間である以上、動物なので仕方がないことです。

でも楽しいこと面白いことも同じように覚えていたいですよね。

衝撃的なことは、忘れにくいです。

楽しかったこと、面白かったことを衝撃的に書き残すことで、忘れてしまった場合でも、それを読み返して思い出す確率は高まります。

面白おかしく書くと、読み返したとき再び自分を楽しませることでしょう。

ここまで読んでくださり、ありがとうございましたm(_ _)m

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。