コミュニケーション

物事にハマることは悪いことか?〜スマホ依存とゲーム依存〜

こんにちは、トミートグチ(@TomyToguchi)です(๑•̀ㅁ•́๑)✧

最近よく、スマホ依存やゲーム依存など耳しますよね。

スマホの中で、特にSNSに依存する人が多いという話を聞きます。

また、スマホゲームに熱中するという話も聞きます。

それらを○○中毒や○○廃人などと、良くないみたいな言い方をします。

本当にそれらは良くないことなんですか?

わたしにはそれらを病気扱いすることに対して、疑問を持っています。

それについて書いていきます。

どうぞ、よろしくおねがいしますm(_ _)m

依存とはそのモノにハマっているということ。

スマートフォンを操作する人

2018年現在、わたしたちにとって「スマホ」とは無くてはならない存在です。

わたしも身の回りにないと、ハラハラドキドキします。

持っていない人からすると、それが依存症だと言います。

でも、わたしはそれをハマっていると思っています。

何かにハマっていると、やりたくてウズウズしますよね。

依存ではなくて、スマホをさわりたくてウズウズしている状態だと、わたしは思っています。

ハマることは悪いことではなく、良いこと

わたしは物事にハマることを、悪いこととは思っていません。

人間は何かにハマって、そのことについての知識を集めます。

そして、得るものがなくなったら飽きるという生き物です。

そうやって人間社会は発展してきました。

これからもそうやって進化していくでしょう。

人の技術に限りはないと、わたしは信じています。

何かに依存し、ハマることで知識を得て、更に発展する

これのどこが悪いことなのでしょうか。

SNSはコミュニケーション手段であり、情報発信の技術である。

SNSは人とのコミュニケーション手段で、情報発信の技術です。

情報発信をし合うことで、お互いの知識を高め合い人類を進化へと導きます。

自分の意見を言い、それに賛成する人や反対する人が反応をする。

そこから新しい知識を得る。

また、クソリプおもしろ系などは、疲れやストレスを飛ばす癒やしです。

これら全部できるのがSNSという技術です。

依存してても問題ないんじゃないですか?

ゲームはコミュニケーション手段であり、感性を豊かにする技術である。

ゲームコミュニケーションの手段でもあり、感性を豊かにする技術です。

ほとんどのゲームには、ストーリーというものがあります。

開発者が作ったストーリーに触れることで、それから得る学びがあります。

RPG(ロールプレイングゲーム)はまさにストーリーが中心です。

自分の力で困難を乗り越え、新しいストーリーに出合い、それらに触れることで感性を豊かにします

依存症対策に、人の技術を活用しよう!

ハマっているものばかりやって、やるべきことをやらないのは勘弁してほしいですよね。

親として、子どもがそんな感じだと苦労すると思います。

小さい子にスマホを持たせたくない理由はこれもあるかもしれません。

ですが、2018年iPhoneには新しい技術が実装されました。

新しいiPhoneのOS、「iOS12」に「スクリーンタイム」という機能が追加されました。

スクリーンタイム スクリーンタイム

その機能は、自分がスマホをどのくらい使用しているのかをアプリ別で見ることができるものです。

それに含めて、時間帯でスマホをロックアプリを1日何時間までと制限する、不適切なコンテンツをブロックというオプションもあります。

子どもの勉強などに支障が出ている場合の手段だと思いますが、時間制限をして人の行動を制限するのはどうなんでしょう。

たしかに便利な機能ではあります。

それだけに頼ると逆に子どもに悪影響ですが、親子のコミュニケーション手段として使用するとよいでしょうね。

おわりに

親子

依存症は己との戦いです。

大人なら、限度というのがわかると思うので、やるべきことをやり、ハマっているものをとことんやりましょう

子どもの場合わからないことがあります。

そのときは、親から教えてあげるといいです

勉強をしない場合は、親もスマホを見ずに、一緒に勉強するとよいかもしれません。

子どもが勉強している隣で、本を読むなどオススメです。

子どもは親の真似をしますからね。

人間はハマって飽きる動物です。

飽きてしまい、いわゆる積みゲーを増やすのは、正直もったいないです。

では、どうすれば積みゲーなどを増やさないようにできるのか。

その内容を記事にしてみましたので、どうぞご覧ください。

ここまで読んでくださり、ありがとうございましたm(_ _)m

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。