雑記

あなたは自分の歯を大切にしていますか?〜歯の健康維持は将来のため〜

こんにちは、トミートグチ(@TomyToguchi)です(๑•̀ㅁ•́๑)✧

あなたは、自分の歯を大切にしていますか?

わたしの将来の夢は、長生きをすることです。

そのためには、若いときから身体を労わる必要があります。

特に、歯は生きるために必要な「食事」にとって重要な器官です。

でも、何をすればいいかわからないと思います。

わたしがやっている2つのことをシェアしたいと思います。

どうぞよろしくおねがいしますm(_ _)m

歯は毎日3回磨いて、デンタルフロスもやっていますか?

歯の健康維持は将来のため

歯は、健康を維持するためには重要な器官です。

虫歯になったりすると、不調になったりしますよね。

ついでに、歯の痛みでストレスも抱えることになります。

その虫歯の対策方法は、みなさんご存知の歯みがきです。

食後は必ず磨くのがベストです。

“汚れた歯での食事は洗っていない皿でご飯食べているのと同じ”と、元歯科衛生士のわたしの妻は名言を残しています。

まさにその通りで、歯が汚れた状態だと虫歯菌のエサにもなってしまいますし、口臭の元にもなります。

食後の歯みがき、そして最低でも1日1回のデンタルフロスです。

このデンタルフロスも重要で、歯ブラシでは磨くことのできない部分の汚れを落とすために使います。

虫歯で多いのは、その歯みがきのしにくい歯間です。

特に、歯と歯が接触している部分は虫歯になりやすいです。

毎日のメンテナンスが、歯の健康維持には重要です。

美味しいものを食べるために、歯の検診はとても重要。

歯の健康維持は将来のため

歯科は、虫歯を治療しにいくところだと思っていませんか?

それは半分正解で、半分間違いです。

現在歯科は、予防にもチカラを入れてきています。

歯科に行くと、何度も行かないといけなくなるから、めんどくさいと思うでしょう。

それは日頃のメンテナンスが悪いから、小さい虫歯があるせいで、頻繁に予約を取らないといけないのです。

わたしは虫歯がないのに歯科に通っています。

その回数は、ひと月半に1回です。

多いと思いますが、虫歯になると週1、または2週に1回とかです。

週1回とひと月半に1回は断然違います。

回数は多ければ多いほど、時間を奪われてしまいます。

日頃のメンテナンスが良ければ、歯の治療というムダな時間を使わずに済むのです。

話を戻しますが、なぜ虫歯がないのに歯科に通っているのかというと、プロに歯のメンテナンスをしてもらうためです。

毎日の歯みがきやデンタルフロスだけでは、完全に虫歯予防になるわけではないです。

どうあがいても、わたし達素人はプロである歯科医師と歯科関係者には勝てません。

ましてや、歯ブラシとデンタルフロスでは掃除のできない部分は、専用の器具を使わないといけません。

虫歯自体は、この2つでなんとかカバーできますが、歯周病は歯茎周辺の病気です。

歯茎は、歯科専用の器具を使わないとメンテナンスができません。

歯の健康を維持するためには、最低でも半年に1回、できれば3ヶ月に1回は、歯科で健康診断をしてもらいましょう。

わたしのように、将来のために歯を残したいと思っている人は、月1回かひと月半に1回をオススメします。

おわりに

歯の健康維持は将来のため

毎回の歯科メンテナンス日の後に、何か歯に関しての記事書きたい衝動に駆られるので、今回は書きました。

将来、自分の歯で美味しい料理を食べるためには、今から歯のメンテナンスを怠らないようにしなければなりません。

「メンテナンスをやらない」というのを積み重ねていくと、あとからしっぺ返しがきます。

何事も積み重ねることで、自分のチカラになると言われていますが、マイナスのことも積み重ねればマイナスの影響が出てきます。

歯だけではないです。

身体の健康もそうです。

副業時代とか言われていますが、明らかに過労です。

自分のスキルはプラスになりますが、マイナスで身体の健康が損なわれています。

定期的に健康診断もしましょうね。

身体を労ってあげましょう。

ここまで読んでくださり、ありがとうございましたm(_ _)m

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。