仕事

なぜ同じことをずっとできるのか?〜「夢中」と「楽しめる」気持ち〜

こんにちは、トミートグチ(@TomyToguchi)です(๑•̀ㅁ•́๑)✧

人は同じことをずっとできない生き物です。

同じことをずっとする人は、変人なのかもしれません。

いきなり失礼なことを言いましたが、バカと天才は紙一重と言われますが、この「同じことをする」もそれと同じ気がします。

ではなぜ、ずっとできないはずのものをずっとできる人がいるのか。

わたしの経験談を含めて、シェアしていきたいと思います。

どうぞよろしくおねがいしますm(_ _)m

ブログ記事100日連続更新達成!そのマインドは自分が楽しむこと!

夢中 楽しめる
パピ
パピ
ブログ記事100日連続更新達成おめでとう!
ところで、そんなに続けられるコツってあるの?

続けることで大事なことは、自分が楽しむことです。

これが無かったら続けることはできません。

楽しくないことは続かないですからね。

無理に続けることもないです。

わたしは、ブログを続けています。

2018年11月現在、始めてから7ヶ月経過しています。

WordPressに引っ越ししてからは5ヶ月程度です。

ブログを続けているコツは、雑記ブログというチカラを活かして、自分で書きたいことを書くを1番大事にしています。

記事を書くことを楽しんでいるということですね。

新しいことを発見する楽しみが、同じことをしても飽きないコツ。

夢中 楽しめる
パピ
パピ
楽しめたとしても、いずれは飽きてくると思うんだけど・・・。
何かコツがあるんじゃないの?

楽しめると、同じことをしても飽きがやってこないです。

しかし、ただ楽しむだけだったら、やはりマンネリ化してしまい飽きてしまいますね。

わたしが1年近く同じゲームをしていることを、例にあげてみますね。

ゲームは、決められたストーリー、システムで出来ていますので、同じことの繰り返しです。

しかし、深くやっていると新しい発見をします。

わたしが、Fallout4というゲームをずっとやっている理由もそこです。

このゲームは、他のゲームより新しい発見が多いです。

ほとんど行ったことのある廃墟、建物なのですが、行くたびに何かを発見します。

同じ行動をするはずのノンプレイヤーキャラクター(NPC)が、不可解な行動をすることもあります。

そして、自分の行動により、その後の展開が変わっていくシステムも、飽きがやってこない理由の1つですね。

常に新しい試みやチャレンジをしていく精神が大事。

夢中 楽しめる
パピ
パピ
新しい発見が飽きないコツだということはわかった。
だけど、それだけだと続けられないと思うんだけど?

そうですね。新しい発見ができなくなってくると、ツマラナイという気持ちが湧いてくるので、飽きも一緒にやってくる恐れがあります。

実はわたしは、同じことをやっているように見えて、細かく新しいことを試していたりします。

ブログ関係だと、文字にマーカーするのは1色とか、太字にマーカーは超重要なキーワードとかです。

見出し画像は、「常に新しい画像」から「その見出しになんとなく合ってそうな画像」に変更しました。

この記事だと、対話方式という方法を使っています。

最近だと、ゲームレビューの記事を書いたりしていますね。

この記事のいくつか前に、わたしが配信しているFalloutシリーズの新作で、あまり情報が出ていない状態のゲームについての記事を書きました。

テストプレイに参加しての感想や、前作との比較などの記事ですね。

いわゆるトレンド記事ってやつです。

そのレビュー記事に、自分で配信した生放送の切り抜き動画を入れていくという新しいこともやっています。

ゲーム配信のほうも、普通の配信だと代わり映えがしないので、先行者に負けてしまいます。

他がやっていないことを、どんどんチャレンジしていこうと計画しています。

ある人から、わたしの配信はちゃんと説明をはさんでくれるので、わかりやすくていいと言われたことがあります。

説明口調で、ツマラナイかなと思っていたので、励みにもなりましたし、今後の配信のヒントにもなりました。

これやったら楽しそうという目線で、新しいことにチャレンジしています。

おわりに

夢中 楽しめる
パピ
パピ
いろいろとコツがあるんだね!
参考にしてみるよ!

質問してくれてありがとう。

読者または視聴者の目線に立つのは難しいことです。

そして、いろんな人がいます。

そればかりに気を取られると、有益な記事じゃないと書いてはダメというマインドになってしまいます。

そうなると更新が途絶えてしまう恐れがありますね。

ブログを始めて、最初のころはそんなマインドだったので、連続更新なんて難しかったですね。

休日とか、特に書けていなかった気がします。

見てくれる方の目線も大事ですが、まず1番最初の読者&視聴者である自分自身で、OKが出せるものであれば問題ありません。

他人は自分が思った以上に自分のことを見ていません。

気にせずどんどん前に進みましょう!

ここまで読んでくださり、ありがとうございましたm(_ _)m

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。