クルマ

わたしが思う、クルマで必要ない装備4選〜外見ではなく中身で選べ〜

こんにちは、トミートグチ(@TomyToguchi)です(๑•̀ㅁ•́๑)✧

クルマを買うとき、新車の場合自分好みにカスタマイズをすることができます。

カタログを見ると、いろいろなオプションがありますよね。

それはそれは、見ているだけで魅了されます。

わたしもクルマが好きなので、カタログを見るだけですごくワクワクしてしまうんですよね。

そんなわたしが実際にオプションをつけて、これはいらないなと思ったものを4つ上げたいと思います。

どうぞよろしくおねがいしますm(_ _)m

高音質スピーカーセットは、ラジオを聞くだけだったらあまりいらない。

外見ではなく中身で選べ

メーカーにもよりますが、オプションに高音質のスピーカーセットを選べるクルマがあります。

そのスピーカーセットのメーカーが、有名所だったりすると、自分のクルマにつけたいという衝動に駆られますよね。

わたしもその1人で、BOSEの高音質スピーカーセットをLEAFのカーオーディオに組み込みました。

最初は、その高音質を楽しんでいましたが、聞く音楽が少ないのもあり、楽しむことが少なくなりました。

わたしは昔からクルマを運転しているときは、オーディオブックを聞く習慣がついています。

高音質スピーカーセットで、ラジオやオーディオブックを聞くのは、正直もったいないです。

むしろ、ウーハーが効いて、聞こえづらくなることもしばしばあります。

日頃、音楽を楽しまないという方は、高音質スピーカーセットは選ばなくてもよいです。

クルーズコントロールシステムはほとんど使わない。

外見ではなく中身で選べ

長距離ドライブのとき、アクセルやブレーキを踏む足が疲れてきますよね。

そんな運転手のサポートをしてくれるのが、クルーズコントロールシステムです。

クルーズコントロールシステムはアクセルを踏まなくても、一定速度を保ってくれるという機能です。

今はオートパイロットシステムというのに進化しており、それの前段階といえるものです。

でもこのクルーズコントロールシステム、高速道路や有料道路などの信号機のない道では活躍しますが、一般道は無理です。

逆に使うと怖くてストレスが溜まります。

その高速道路や有料道路などでは使ったりしますが、クルマの運転を楽しむ人にとっては、あまりいらない機能と言えます。

わたしも、LEAFの加速力とハンドリングがとても好きで、クルーズコントロールシステムは滅多に使いません。

もったいない、宝の持ち腐れと言われそうですが、運転が好きなのでしょうがないですよね〜。

ハンドルについているボタンを、運転中間違って押してしまう。

外見ではなく中身で選べ

グレードによって、ハンドルにボタンがついたりしますよね。

アレ、わたしはあまり好きではありません。

ハンドルは、クルマを操縦するためのものなのに、そこにボタンがついているのは邪魔で仕方がないです。

ハンドルを切るとき、たまにボタンを押したりしてしまうので、そのたびに何かの機能が起動して、ハラハラしたことが何度かあります。

クルーズコントロールシステムのボタンもハンドルにあるので、間違って押したとき勝手に動くのではと、ヒヤヒヤしております。

見た目装備はこだわったらキリがない。

外見ではなく中身で選べ

最後に、クルマを買うときに重要事項である、見た目です。

やはり自分のクルマは、他の人のクルマより目立ちたいという気持ちが芽生えますよね。

そこを突いてくるのが、ディーラーの仕事です。

このオプションをつけると、通常よりこのくらいカッコよくなりますよ。

という感じです。

元々カッコよければ特にいじることはないと思いますが、見た目が微妙の場合、やりたくなりますよね。

しかし、これらの見た目装備は、こだわったらキリがないです。

見た目はこだわったらキリがありませんが、中身はクルマによっては違いますが、同じクルマだと変わりません。

もし、そのクルマの走りなどの内部的な部分に惹かれたのであれば、見た目なんて二の次です。

わたしは結局こだわってしまいましたが、こだわっても走りは変わらないなと気づいてしまいました。

もし試乗をして、運転などに気に入るのであれば、見た目は気にする必要はないです。

おわりに

外見ではなく中身で選べ

今回は、クルマのオプションの選び方について書いてみました。

最近、わたしの本業の1つで、クルマが欲しいという方へ、ディーラーさんを紹介するというものをしました。

そのときに、オプションで結構悩まれていたので、わたしはこの機能はいらないと抜粋してみました。

参考になればうれしいです。

ここまで読んでくださり、ありがとうございましたm(_ _)m

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。